下着ブランド「Kimono」商標登録が大炎上中のキム・カーダシアン、なぜか韓国人と間違われて叩かれる

このエントリーをはてなブックマークに追加



まさか…名前に「キム」と入っているからなのでしょうか?詳細は以下から。

先日から炎上しているキム・カーダシアンの補整下着ブランド「Kimono」に絡み、あまりにもあさってな方向からの攻撃が行われています。

◆キム・カーダシアンの下着ブランド「Kimono」が文化の盗用と炎上
事の発端はアメリカ合衆国の有名セレブ、キム・カーダシアンが自らの補整下着ブランドに「Kimono」という名前を付けることをSNSで発表したこと。

このKimonoは日本の着物とは全く関係がなく、単に名前に引っかけたダジャレのような名称で、画像のように見た目もまったく着物とは似ても似つかない代物です。

この投稿をInstagramで見る

Finally I can share with you guys this project that I have been developing for the last year. I’ve been passionate about this for 15 years. Kimono is my take on shapewear and solutions for women that actually work. I would always cut up my shapewear to make my own styles, and there have also been so many times I couldn’t find a shapeware color that blended with my skin tone so we needed a solution for all of this. The third pic is the solution short. I developed this style for all of those times I wanted to wear a dress or skirt with a slit and still needed the support. Introducing Kimono Solutionwear™ for every body. Coming Soon in sizes XXS - 4XL in 9 shades. I can’t wait for you to feel this fabric!#KimonoBody @kimono Photos by Vanessa Beecroft

Kim Kardashian Westさん(@kimkardashian)がシェアした投稿 -


キム・カーダシアンはこの「Kimono」という名前を商標登録出願しており、登録されれば日本の呉服メーカーらがアメリカ合衆国で着物をKimonoという本来の名前で販売することが不可能となる可能性も。

世界的な知名度を誇るセレブ(Instagramのフォロアーは1.4億人)が他国の伝統的な衣服の名前を勝手に用い、しかも本家本元が使えなくなるかもしれないという事態に、日本国内のみならず大炎上となっています。

◆なぜか韓国人と勘違いする日本人が登場
欧米人が着物などの他文化の民族衣装を着用するだけで「文化の盗用」という批判が起こることは以前からありましたが、日本人は概ねそうした行為には寛容で、むしろ歓迎するケースも多く見られてきました。

ですが、さすがに着物という伝統的な衣服の名前を海外セレブの下着ブランドに奪われる事態には大きな批判が噴出。ツイッター上ではこのブランド名に反対するハッシュタグ #KimOhNo(そりゃないよキム)も登場、反対署名も立ち上がるなど鎮火の様子は見えません。


それ自体は極めて健全な反応といえますが、奇妙なことにキム・カーダシアンを韓国人と勘違いして攻撃する人、場合によっては韓国へのヘイトスピーチにまで至る人が出現してしまいました。








どうやら名前に「キム」と入っていることから、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党総書記ら朝鮮半島系の名前との類似性を感じ、韓国人(もしくは韓国系)と勘違いしてしまったようです。

実際には彼女の名前は「Kimberly Kardashian」で、キムは名字ではなくファーストネームの略称。父親はトルコにルーツを持つアルメニア系、母親はスコットランド・オランダ系のアメリカ人で、韓国とは関係がありません。

この論法でいくと、キム・カーダシアンの夫のカニエ・ウェストも「蟹江ウェスト」という日系になってしまいそうです。

◆自称保守界隈の英語関連事件のあらたな1ページに
これまでもBUZZAP!では、保守や普通の日本人を自称する人々の英語に関するオモシロ事件を報じてきました。

伝説となったアダルトマン将軍事件にレ・ミゼラブル劇中歌事件、まとめサイトによる「RESISTはレイシストの誤字」事件、「サムスン日本になりすましCM」事件、ツイッター上での「戦争しなけりゃアベじゃない」事件など、枚挙の暇もありません。

ここに堂々と「キム・カーダシアンは韓国人」事件がが新たな事例として記されることになりました。

これまでの事件と比べても英語の知識はまったくというほど必要がなく、日本語版Wikipediaを見るだけでも勘違いと分かる話ですが、嫌韓が昂じたためか脊髄反射してしまったようです。

ヘイトスピーチ 「愛国者」たちの憎悪と暴力 (文春新書)
安田 浩一
文藝春秋
売り上げランキング: 177,240

・関連記事
「NO WAR NO ABE」は「戦争しなけりゃアベじゃない」?トンデモ誤訳に杉田水脈議員など釣られる人が相次ぐ事態に | BUZZAP!(バザップ!)

【追記】はちま起稿またデマ「サムスンがオーストラリアで日本になりすましたCM」→真に受けた人々がYouTubeのコメント欄を荒らす惨事に | BUZZAP!(バザップ!)

外大卒の編集者有本香さん、レ・ミゼラブルの劇中歌を知らず「間違いだらけの英文」と揶揄してしまう | BUZZAP!(バザップ!)

アダルトマン将軍再臨、自称・日本人目線のまとめブログが「RESISTはレイシストの誤字!」と主張し恥を晒してしまう | BUZZAP!(バザップ!)

「アダルトマン将軍」爆誕、差別動画削除を本国YouTubeに抗議した自称・普通の日本人が世界に恥を晒してしまう | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加

こぼれ話に関連した楽天商品ランキング