アニメ・マンガを本当に規制しようとしている政党や議員が一目で分かるリスト

このエントリーをはてなブックマークに追加



アニメ・マンガの本当の敵は誰なのか、コミケの前にまとめてみました。詳細は以下から。

まず見てもらいたいのが、第169回国会で提出された「青少年健全育成のための有害図書類・有害情報規制に関する法整備を求めることに関する請願」。

マンガやアニメ、ゲームなどの内容を規制するための法整備を求めるもので、衆参両院で提出されています。

第169回国会 3212 青少年健全育成のための有害図書類・有害情報規制に関する法整備を求めることに関する請願:衆議院


青少年健全育成のための有害図書類・有害情報に関する法整備を求めることに関する請願:付託された同趣旨の請願一覧:参議院


国会に請願を出すほど筋金入りの規制推進派となるこれらの議員。今なお現職の議員をリスト化すると以下のようになり、自民党の要職に就いている議員も散見される結果に。ほかにも東京都知事となった小池百合子さんが含まれます。

下地幹郎(日本維新の会)
奥野信亮(自民党)
高市早苗(自民党)
萩生田光一(自民党)
高鳥修一(自民党)
船田元(自民党)
加藤勝信(自民党)
有村治子(自民党)


なお、同国会ではアダルトアニメやゲームについても規制が請願されましたが、請願を行った議員はいずれも政治の表舞台から退いています。

美少女アダルトアニメ雑誌及び美少女アダルトアニメシミュレーションゲームの製造・販売を規制する法律の制定に関する請願:付託された同趣旨の請願一覧:参議院


・7月18日追記
ちなみに萩生田光一議員や高市早苗議員は、第185回国会(2013年10月15日に召集された臨時国会)でも「青少年健全育成基本法の制定に関する請願」を提出。

第185回国会 71 青少年健全育成基本法の制定に関する請願


露骨な性描写や残虐シーンを売り物にする雑誌、ビデオ、コミック誌等を始めとする性産業の氾濫、テレビの有害番組の問題等に加え、インターネット・携帯電話等の情報通信の発展とともに新しい有害環境の出現も」と指摘するなどアニメやマンガを狙い撃ちにした内容で、何度も請願が提出されています。

第185回国会で請願を行った中で、今なお現職の議員をリストアップすると以下のように。何期も当選したベテラン議員が名を連ねていることが分かります。

萩生田光一(自民党)
黄川田仁志(自民党)
御法川信英(自民党)
野中厚(自民党)
牧島かれん(自民党)
中山展宏(自民党)
村井英樹(自民党)
小倉將信(自民党)
神山佐市(自民党)
うえの賢一郎(自民党)
大岡敏孝(自民党)
竹下亘(自民党)
武村展英(自民党)
関芳弘(自民党)
高市早苗(自民党)
山際大志郎(自民党)

・関連記事
コミケ前日入稿可、トム出版の「超々特急Grand Final」がいつ見てもすごい | BUZZAP!(バザップ!)

コミケ98(C98)は2020年5月2~5日に決定、東京オリンピックの影響で史上初のゴールデンウィーク開催に | BUZZAP!(バザップ!)

コミケ存続の危機か、東京ビッグサイトの社長が表現規制強化派の元警察官僚に | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加

こぼれ話に関連した楽天商品ランキング