「元SMAP」3人テレビ出演に圧力か、公正取引委員会がジャニーズ事務所に注意

このエントリーをはてなブックマークに追加



芸能事務所が注意を受けるのは初めてのことです。詳細は以下から。

NHKの報道によると、公正取引委員会が17日までにジャニーズ事務所を注意したそうです。

これはSMAP元メンバーの稲垣吾郎さん、草なぎ剛さん、香取慎吾さんについて、同事務所が民放テレビ局などに対し出演させないよう圧力をかけていた疑いがあることを受けたもの。

芸能活動に必要な契約の成立を阻止するなどして不当に妨害する行為について、公正取引委員会は独占禁止法違反につながるおそれがあると判断しています。

・追記
朝日新聞社の報道によると、「圧力をかけている」との情報を受けて公取委が聞き取り調査などを実施した結果、違反行為は認定できなかったとのこと。

ただ、こうした行為があれば独禁法に触れるおそれがあると公取委は判断し、ジャニーズ事務所に対して未然防止のための注意を行ったとされています。

・関連記事
コンビニ本部による24時間営業強要は独禁法違反、公取委が検討 | BUZZAP!(バザップ!)

「iPhone優遇」見直しで携帯各社の料金プラン自由化か、公正取引委員会がAppleにメス | BUZZAP!(バザップ!)

重大な危害発生でレーシック手術に注意喚起、施術数や芸能人を用いた広告も問題に | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

こぼれ話に関連した楽天商品ランキング