「東京オリンピック開催が決まればお台場の海は沖縄に匹敵する清浄な海にします」→できませんでした

このエントリーをはてなブックマークに追加



目指していたのは沖縄のような清浄な海だったはずですが…。詳細は以下から。

先日BUZZAP!で報じて大きな反響を得た東京湾うんこまみれ問題ですが、東京オリンピック開催決定直後にはこの東京湾を「沖縄の海に匹敵するような清浄な海」にする目標が掲げられていたことが分かりました。


この目標は日本オリンピック委員会(JOC)の正式加盟団体である公益社団法人日本トライアスロン連合(JTU)が2013年10月2日に公開した「東京港お台場水質(Q&A)」によるもの。

その質疑でJTUは、お台場海浜公園では「雨量の多いときに河川の水が海に流れ、水質に変化がある」ことを認識した上で「一般遊泳には適さなくとも、競技としての水泳は限定的な時間内であり、また、競技として訓練された選手たちの大会であり、対応できるものである」と回答しています。

東京湾のお台場海浜公園でトライアスロンを開催してきたJTUに、この場所の水質が一般遊泳に適さないという認識がこの時からあったことも重要なポイントですが、驚くべきは以下の質疑です。

Q4.2020年オリンピック・パラリンピックのトライアスロン実施候補地は、お台場海浜公園とのことだが、水質改善のための具体策は何か。

A4.2009年から始まった横浜国際大会では、スイム会場となる山下公園前の海の適正が問われました。これに応えるために様々な調査を行い、水質としては適正ながら、海底の掃除は毎年行い、オイルフェンスの設置などにより適正な環境を保守できるようになりました。
東京が2020年のオリンピック開催都市に決まった暁には、現状の「スイム競技可能」のレベルから、沖縄の海に匹敵するような清浄な海をつくるべく、環境保全技術を導入できるよう働きかける予定です。それにより、一般市民が「安心して遊べる水辺空間」をつくることをめざします。この目標がオリンピック・レガシーそのものであると考えるところです。

2013 JTU NEWS RELEASE-社団法人日本トライアスロン連合ニュースリリースより引用)

JOC正式加盟団体であるJTUが「沖縄の海に匹敵するような清浄な海をつくるべく、環境保全技術を導入できるよう働きかける」と明言したものの、この6年間で状況は一向に改善せず、開催1年前の時点でも「うんこまみれ」状態は変わっていません。


なお、理想とされた沖縄の海は辺野古を赤土を使って埋め立てていることで水質汚染が進行中。まさかとは思いますが、お台場の海をきれいにするのでなく、沖縄の海を汚して両者の差をなくそうという意味だったのでしょうか?

うんこかん字ドリルのボードゲーム
バンダイ(BANDAI) (2017-11-11)
売り上げランキング: 38,096

・関連記事
【コラム】「東京湾うんこまみれ問題」はどれだけ根深く深刻なのか、13年前から指摘も【東京オリンピック】 | BUZZAP!(バザップ!)

「終電で出勤してもらい、徹夜の交流で士気を高めさせよう」東京五輪ボランティアの過酷さが改めて浮き彫りに | BUZZAP!(バザップ!)

東京オリンピック暑さ対策が逆効果に、鳴り物入りの「遮熱性舗装」で気温が上昇 | BUZZAP!(バザップ!)

東京五輪暑さ対策最終兵器「かぶる傘」を小池都知事が発表し話題騒然! | BUZZAP!(バザップ!)

海外メディア「東京オリンピックは暑過ぎて危険」日本メディア「暑さは日本に有利!」 | BUZZAP!(バザップ!)

冷暖房見送りでオリンピックは灼熱地獄確定!?新国立競技場の総工費抑制で | BUZZAP!(バザップ!)

【東京五輪贈賄疑惑】JOC竹田会長の疑惑と発言、経緯を総ざらいしてみました | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加