埼玉県で豚コレラ初確認、発生1年でついに関東圏に

このエントリーをはてなブックマークに追加



2018年9月9日に最初の患畜が確認された豚コレラ。

発生から1年が経った今なお終息する気配はなく、拡大の一途をたどっていますが、ついに関東圏で確認されてしまいました。詳細は以下から。

埼玉県における豚コレラの疑似患畜の確認(国内41例目)について:農林水産省


農水省公式ページによると、9月12日に山梨県のと畜場から「出荷された豚が異常を呈している」という報告があったそうです。

そのため出荷元となる埼玉県秩父市の農場で家畜防疫員による立入検査などが実施されたところ、異常を呈していると報告された豚が豚コレラの患畜であること、飼養豚が疑似患畜だったことが判明しています。

・関連記事
豚コレラの流行、とっくに民主党政権での口蹄疫を超えていました | BUZZAP!(バザップ!)

需給バランス崩壊で「ワーキングプア獣医師」爆増へ、加計学園問題の本質をまとめてみた | BUZZAP!(バザップ!)

法科大学院の悪夢再び、加計学園に獣医学部を新設しても絶対に「公務員獣医師」は増えません | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加

社会に関連した楽天商品ランキング