従業員に脳波センサーを装着する東急不動産の試みがディストピア感、感情の変化や位置情報、誰と会話したかまで可視化

このエントリーをはてなブックマークに追加



ディストピアはもうSF小説の中の未来の姿ではない、そんな事実を思い知らされる試みにネット上では驚きの声が上がっています。

東急不動産ホールディングス株式会社と東急不動産株式会社が8月から始動した新本社を10月1日からライブオフィスとして始動しました。

これは自社のオフィス物件を売り込むための営業ツールとして活用する試みで、従業員を対象に最新のIoTを駆使した実証実験を行い、「IoT を活用したスマートオフィス」「Green Work Style(効果的な緑の導入)」「フィットネスを取り入れた健康経営」といった取り組みを実施しています。


◆ヘッドギア着用で脳波を常時監視される
その目玉となるのが、新本社の従業員に頭部に脳波測定キットを着用させて測定データを基に「ストレス度」「集中度」「興味度」「快適度」「わくわく度」の5つの指標を可視化するというもの。

これは「Green Work Style」の検証目的で、執務スペースや会議室内の植物が脳に与える影響を確認するために「感性アナライザ」という、慶應義塾大学の満倉靖恵教授と電通サイエンスジャムが共同で開発した簡易型脳波測定感性評価キットを用いて行われた実験です。


平たくいえば「緑のある開放的な空間で仕事をすることで生産性やモチベーションはどう変わるのか」という実験ですが、これはもちろんどちらもアップします。植物のない殺風景なオフィスよりは多少でも緑があった方がいいという、ある意味当然の結果と言えるでしょう。

ただし、生産性アップを考えていながら本社移転前の実験の結果を伝える資料では「やりがいを持ってはたらく事が求められる現代」「やる気アップ」「作業に対する興味度やワクワク度も高まっていた」といった精神論的なワードが散りばめられているのはなんとも気になるところ。

またヘッドギア装着というと、一定以上の年齢の人にはオウム真理教の洗脳装置PSIヘッドギアを思い起こさせるようで、ネット上では関連づけた感想が多数ツイートされています。

もちろん実際は、感性アナライザは(精度はともかく)着用者の脳波を調べて可視化するためのもので、洗脳するような装置ではありません。

しかしその上でも、可視化された脳波を見た上司が「〇〇君、ちょっと最近興味度とわくわく度が低いんじゃないのか?もうすこし頑張りたまえ」と注文を付けてくるような未来を想像する人も。

常に脳内の状態を監視され続けているという状況は誰にとっても少なからずストレスフルな気がしますが、大丈夫なのでしょうか。

◆もっと怖い「位置情報」と「会話」の監視
本件は日経新聞の東急不動産の新本社、従業員は脳波センサー装着という記事から大きく拡散していますが、本件に関する東急不動産のプレスリリースを読んでみると、もっと怖い実験が行われています。


それは「IoT を活用したスマートオフィス」に関するもので、従業員が携帯するスマホのマートオフィスアプリ「MyPlace」によって従業員の位置情報が把握されます。元来はオフィス内の行動傾向や会議室の利用頻度などを可視化し、蓄積したデータを分析してレイアウトを変更することで、効率的にスペースを活用したワークプレイスを実現するためのもの。

ですが、従業員側からすれば何時何分にどこにいてどのように動いたかという文字通りの一挙手一投足を監視されている状況になります。

加えて、従業員にウェアラブル端末を着用させて発話量などを図るという試みも。これは組織間・エリアごとのコミュニケ―ションを定量的に可視化するもので、グループABWの導入やレイアウト変更などにおいて改善を重ねることで、コミュニケーションの活性化を計るというものです。


こちらも従業員からすると、どこで誰と会話して、その中で自分がどれくらい喋っていたかまで監視されている事になります。現状、会話内容はさすがに監視されないようですが、見張られている感は半端なものではなさそうです。

これらはまさにディストピア小説「1984年」の「ビッグブラザーは見ている」式の苛烈な監視体制に見えてしまいますが、東急不動産はこれらの試みが「オフィスワーカーのよりよい『はたらく』環境づくりの提案」に繋がると考えているようです。

例え室内が緑が溢れているとしても、こうした環境をどれほどの人が働きやすいと考えるのでしょうか。

・関連記事
AIでまぶた監視し人間の居眠り防止、あまりの「逆転の発想」が大きな話題に | BUZZAP!(バザップ!)

「笑顔でないと出勤できない」顔認証の出退勤管理システムが大きな話題に | BUZZAP!(バザップ!)

中学校で顔認証システムを用いた「生徒が授業に集中しているか」の監視が始まる | BUZZAP!(バザップ!)

暴動や暴力行為をドローンの空撮から検知できるAIが開発される | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加

社会に関連した楽天商品ランキング