「無職と非正規雇用は健康に悪影響」と判明、体内の炎症を誘発し循環器疾患リスクが増大

このエントリーをはてなブックマークに追加



無職や非正規雇用は身体に悪いことが分かりました。詳細は以下から。

就職できない、雇い止めされるかもしれない、氷河期世代を中心にそんな不安に苛まれた経験のある人は現代日本では少なくありません。

そうした雇用や将来への不安が身体を物理的に蝕んでいることが科学的に明らかになっています。

イギリスのグロスターシャー大学とアイルランドのリムリック大学のSASHLabは国有データの分析によって雇用形態と健康の関連について研究を実施。

研究者らはイギリス全土の4000人超のデータを用い、無職と有期の非正規雇用が共に循環器疾患のリスクを伴う炎症との関係を発見、ジャーナル「ScienceDirect」に公表しました。

無職が慢性的なストレスに留まらない健康状態の悪化を引き起こすことは既に先行研究でも指摘されていましたが、この研究では現代の就業環境の変化を鑑み、有期の非正規雇用者についても調査を行っています。


研究者らは2011年から2012年のデータから、末梢部の炎症の生体マーカーであるC反応性蛋白フィブリノゲンの数値を世紀雇用者、非正規雇用者、自営業者、無職に分類。この2つの物質は体内の炎症に関係しており、慢性的ストレスで増加し、心臓や血管などの循環器系の将来的なリスクに深く関係します。

研究では、個々の個人的、社会的及び健康上のステータスを調整した上でも無職のグループのフィブリノゲンが著しく上昇していることが判明。また4つのグループのうちで無職と非正規雇用者のグループで炎症マーカーが同じように上昇し、似通ったストレス状況を経験していることが分かりました。

「就職できない」というストレスが如何に大きなものであるか、日本人はこの20年で身に染みて感じてきましたが、非正規雇用で働く事にはこれと同様の健康リスクがあることになります。


将来性を見通せない非正規雇用が結婚や出産といったライフイベントを躊躇させ、自動車や家のような長期ローンを組む消費を押し下げていることはこれまでも指摘されてきました。

これに加え、企業や官公庁が有期の非正規雇用で人を雇うという行為は働く人に著しいストレスを与えて健康被害を及ぼすということになります。

そして非正規雇用者が真っ当な生活環境や家族を構築できず、将来的に循環器疾患のリスクを抱え込むことになれば、10~20年後の医療費により大きな負担がのしかかってくる可能性は否めません。

今現在の収支のみを考えて低賃金・低待遇で働く人を使い潰す行為がこの先どのような負債となって返ってくるのか、それを支払うのは本人だけでは済まなくなりそうです。

「非正規大国」日本の雇用と労働
伍賀 一道
新日本出版社
売り上げランキング: 147,839

非正規クライシス
非正規クライシス
posted with amazlet at 19.10.23
朝日新聞出版 (2017-12-29)
売り上げランキング: 94,522

・関連記事
正社員不足が企業で深刻化する中、「一生派遣」などの非正規雇用が高止まりし続けるワケ | BUZZAP!(バザップ!)

Uber Eats配達員たちが労働組合を日本で結成か、「保険・労災なし」など問題視 | BUZZAP!(バザップ!)

正社員と非正規社員の待遇差は「不合理」と最高裁が初の判断、しかし大きな懸念も囁かれる | BUZZAP!(バザップ!)

日本の自動車業界「非正規を正社員にすると負担増だから法の抜け穴を全力で利用するよ!」 | BUZZAP!(バザップ!)

非正規の平均給与は172万円、正規より315万円低く4年連続で格差拡大中 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加

社会に関連した楽天商品ランキング