ファミマの24時間営業体制が終焉へ、全店舗で時短営業許可

このエントリーをはてなブックマークに追加



コンビニは24時間営業という「常識」が最早常識ではなくなります。詳細は以下から。

ファミリーマートが加盟店に深夜休業を認める方針に転換したことが判明しました。

人手不足やドミナント出店などの要因によるコンビニ店長らの過酷な重労働が今年に入って大きくクローズアップされてきましたが、この方針転換で24時間365日営業を基本としてきたコンビニのあり方が大きく変わる事になります。

ファミリーマートでは2020年3月にも契約を改定し、ほぼ全ての加盟店が自らの判断で時短営業を実施できるようにするとのことです。

コンビニが多くの日本人のライフスタイルに密着した存在になっている事を考えると、私たちの日々の生活も大きく変わる事になりそうです。

コンビニ人間 (文春文庫)
村田 沙耶香
文藝春秋 (2018-09-04)
売り上げランキング: 769

・関連記事
「コンビニ時短営業は利益が減る」セブンの主張がファミマの実験で崩壊してしまう | BUZZAP!(バザップ!)

コンビニ本部による24時間営業強要は独禁法違反、公取委が検討 | BUZZAP!(バザップ!)

ファミマ24時間営業見直しの実証実験、「店が赤字でも本部は黒字」システムにも驚きの声 | BUZZAP!(バザップ!)

「18禁成人誌」の販売をファミリーマートも中止、大手3社で「全滅」へ | BUZZAP!(バザップ!)

「人手不足のため月曜を定休日に」、コンビニに続きモスバーガーも苦渋の決断に追い込まれる | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

社会に関連した楽天商品ランキング