東京五輪暑さ対策は予算2.5倍の100億円超へ、「1300トンの氷で冷やす」「アイスクリーム配布」「乾杯コール」など斬新なアイディアも満載

このエントリーをはてなブックマークに追加



100億円を掛けても真夏の東京の暑さを押さえ込むことはできなそうです。詳細は以下から。

◆予算100億円の暑さ対策の数々をご覧下さい
灼熱の猛暑が見込まれる東京オリンピックに対して大会組織委員会と東京都がまとめた新たな暑さ対策案が当初予算の40億円から2.5倍増となる100億円を超える見通しである事が明らかになりました。

東京オリンピックに関しては、これまで大会組織委員会、東京都、政府らが首に濡れタオル打ち水かぶる笠朝顔氷風呂人工雪遮熱性舗装などユニークな暑さ対策を多数打ち出してきましたが、いずれも有効な打開策とはなっていませんでした。

そんな中でマラソン・競歩の札幌開催という最善の暑さ対策が行われたものの、トライアスロンを含む他の競技は現時点でも東京開催のままです。


新たに提案された暑さ対策としては選手には「体を冷やす氷風呂のために数億円かけて1300トン以上の氷を用意する」「そのために冷凍庫や冷凍車も増設する」となっています。

またボランティアら大会スタッフには「アイスクリームや塩分補給の錠剤、汗ふきシート、瞬間冷却剤を配布」「1人あたり屋外会場では4本、屋内会場では2本のペットボトル飲料も配る」といった対策が提示されました。

加えて組織委は学生や社会人ら約50人に新しい知恵を出してもらう「アイデアソン」を実施。そこでは「水分補給を促す『乾杯コール』などで盛り上げる」「国旗をデザインした冷却ジェルシートの商品化」などが提案され、具体化が進んでいる模様です。


◆100億円使っても安全は確保できない
ただしここまでやっても十分ではありません。特に関係者らは複数の会場で屋根のない観客席が存在することが大きな課題としており、人工雪や仮説屋根などでも対策しきれない可能性を指摘。

組織委の幹部はどこまで準備をしても、十分とは言えない。大会本番に向けて、やれることは今後もやっていきたいとしていますが、その結果として熱中症で倒れたり亡くなる人が出ればいかなる言い訳もできません。


選手やスタッフ、観客の生命の安全が守られないオリンピックを果たして開催してもいいものか、冷静な議論と決断が必要です。

・関連記事
東京五輪最大の暑さ対策「マラソン・競歩札幌開催」が決定、なおパラリンピックのマラソンは東京開催へ | BUZZAP!(バザップ!)

東京オリンピック暑さ対策が逆効果に、鳴り物入りの「遮熱性舗装」で気温が上昇 | BUZZAP!(バザップ!)

東京五輪暑さ対策最終兵器「かぶる傘」を小池都知事が発表し話題騒然! | BUZZAP!(バザップ!)

海外メディア「東京オリンピックは暑過ぎて危険」日本メディア「暑さは日本に有利!」 | BUZZAP!(バザップ!)

冷暖房見送りでオリンピックは灼熱地獄確定!?新国立競技場の総工費抑制で | BUZZAP!(バザップ!)

「東京オリンピック開催が決まればお台場の海は沖縄に匹敵する清浄な海にします」→できませんでした | BUZZAP!(バザップ!)

【コラム】「東京湾うんこまみれ問題」はどれだけ根深く深刻なのか、13年前から指摘も【東京オリンピック】 | BUZZAP!(バザップ!)

「終電で出勤してもらい、徹夜の交流で士気を高めさせよう」東京五輪ボランティアの過酷さが改めて浮き彫りに | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

社会に関連した楽天商品ランキング