大麻を全米で合法化する包括的法案への投票、週内にも実施へ

このエントリーをはてなブックマークに追加



大麻に関してアメリカ合衆国のみならず、世界全体の大麻ビジネスの趨勢にも影響を及ぼしかねない法案です。詳細は以下から。

アメリカ合衆国下院司法委員会のジェロルド・ナドラー委員長が主導する大麻合法化を主とする包括的法案Marijuana Opportunity Reinvestment and Expungement(MORE)が今週の水曜日にも同委員会で投票が行われる予定である事をフォーブス紙などが報じています。


この法案は大麻を非犯罪化し、米国の規制物質法から大麻を除外するという名実共に大麻の合法化を意味するものですが、それだけには留まりません。

全米で販売される大麻に5%の「大麻税」を掛け、その税収で大麻関連で逮捕された人々への法律扶助や職業訓練、また大麻関連の個人ビジネスに対する小規模ローンなどを行うとのこと。


また大麻の個人使用などの微罪での犯罪歴を消去し、暴力事件を除く大麻関連の犯罪で服役中の囚人の減刑なども行われる模様です。

加えてアメリカ合衆国退役軍人省と提携する医師が、PTSDや疼痛や不安の管理のために退役軍人に医療大麻を用いた治療を推薦することが認められるようになります。

なお、ニューズウィーク紙が掲載した最新の世論調査の結果によると、アメリカ人の実に91%が医療もしくはレクリエーション用大麻の合法化に賛成しています。

アメリカ合衆国全土で大麻合法化となれば、一部の州で合法となっている現在とはインパクトが大きく異なることは間違いなし。大麻ビジネスが大きな注目を集めている現状を考えれば、周辺国での合法化ドミノが発生する可能性も十分にあり得ます。

日本での大麻の規制のあり方に影響を与えることになるのでしょうか。

真面目にマリファナの話をしよう
佐久間 裕美子
文藝春秋
売り上げランキング: 16,361

・関連記事
大麻を自家栽培して政府に売却可能に、タイの大麻ビジネスが本格始動 | BUZZAP!(バザップ!)

「大麻合法化2.0」にカナダが突入、大麻入り飲食物など解禁で2000億円超の経済効果も | BUZZAP!(バザップ!)

大麻から抽出される「CBD」はどう使う?流行りだした今こそ知っておくべきいくつかのポイント | BUZZAP!(バザップ!)

大麻合法化の波がさらに日本接近、ハワイとサイパンに続きグアムでも | BUZZAP!(バザップ!)

「東京に医療大麻特区を」自身も難病患者のアーティスト成田賢壱が新宿区議選に立候補 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

海外に関連した楽天商品ランキング