内閣府が通告前の調査段階で蓮舫議員の個人情報を当事者に漏洩、「桜を見る会」追求に絡み

このエントリーをはてなブックマークに追加



通告された質問が漏れて政府が謝罪に追い込まれた事案が以前問題になりましたが、今回は調査段階にもかかわらず当事者にまでダダ漏れになっていました。

立憲民主党の蓮舫議員が11月22日午後に自身の公式ツイッターで、政治資金規正法違反の疑いも含めて紛糾している「桜を見る会」に絡み、この会に飲食物を提供したケータリング会社の「面識のない」CEOから「番号を伝えていない携帯電話宛に」突然連絡があったことを明かしました。


蓮舫議員は桜を見る会を追求する動きの一環として、ケータリングについて内閣府と内閣官房の数人の職員と打ち合わせをしたものの、実際の調査はこれからというタイミングだったということです。


蓮舫議員が事務所を通じてこの番号に連絡したところ、「内閣の方から妻に連絡が」「蓮舫さんが調べてる、と」「妻や弟は総理夫人と学生時代から懇意だが」「仕事について説明したい」といった言質を得られたとのこと。


この電話主がケータリング会社のCEOを騙った偽物ではないと仮定しましょう。すると、2013年以降の桜を見る会のケータリングを落札したのは全てJCコムサのため、電話を掛けてきたのはJCコムサのCEO大河原毅氏(写真左)ということになります。


JCコムサと桜を見る会の繋がりについてはリテラが「桜を見る会」飲食提供会社社長の実弟と安倍首相・昭恵夫人のただならぬ関係という記事で明らかにしていますが、「妻や弟は総理夫人と学生時代から懇意だが」というところは完全に当てはまっています。

大河原毅氏の妻は同社の社長を務める大河原愛子氏で、厚労省の「女性の活躍推進委員会」や経産省の「男女共同参画研究会」、内閣府の「男女共同参画推進連携会議」の委員などを歴任。加えて彼女が代表の「食品業界女性経営者ネットワーク」の設立15周年記念会のパーティで安倍昭恵首相夫人が祝辞を述べています。

また、弟と述べられているのは同社取締役を務めるアーネスト・M・比嘉氏。彼は安倍昭恵首相夫人のFacebookにも何度も登場する人物で、安倍首相と共に写った写真も存在しています。

JCコムサが桜を見る会での契約金額は2013年から2019年の間に2倍以上に膨れ上がっており、蓮舫議員はこの点を調査しようとしていたものと考えられます。

ですが、この時点で蓮舫議員が要求していたのは行政文書や公文書であって当事者への確認事項はなく、もちろん参考人招致などは求めていないため、JCコムサに本件が伝わる理由がありません。

つまり、内閣府か内閣官房の誰かが蓮舫議員が調査しようとしていることを当事者のJCコムサにこっそり漏らした上に、蓮舫議員の携帯電話番号まで教えていたことになります。


蓮舫議員は本件について、予算委員会理事懇に漏洩した人と理由を調査するように求めています。

元々が首相夫人と懇意な経営者の会社が桜を見る会のケータリングを7年連続で落札し、その契約金額が2倍以上に膨れあがっているという事自体が何ともきな臭い話。

その調査をしようとした野党議員の携帯電話に、調査を始める前の段階で当事者であるCEOから直電が入るというのはなかなかにホラーな展開です。


掘れば掘るほどに怪しい話が出てくる桜を見る会ですが、いったいこの桜の下には何が埋まっているのでしょうか。

桜の森の満開の下 (立東舎 乙女の本棚)
坂口 安吾
立東舎
売り上げランキング: 25,691

・関連記事
「これ、進研ゼミで見た問題だ」が悪い意味で現実に、ベネッセが共通テストの問題作成や採点への関与を営業活動に利用していた | BUZZAP!(バザップ!)

タレントの竹田恒泰氏「私の差別発言を10個挙げないと訴える」→さっそく振り返ってみました | BUZZAP!(バザップ!)

「無職と非正規雇用は健康に悪影響」と判明、体内の炎症を誘発し循環器疾患リスクが増大 | BUZZAP!(バザップ!)

【コラム】即位礼正殿の儀を行った新天皇は日本国憲法にどのように言及してきたか | BUZZAP!(バザップ!)

2019年の出生数90万人割れほぼ確定、少子化は推計を2年前倒す急加速に | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

社会に関連した楽天商品ランキング