【悲報】東京オリンピックのボランティアと同じ仕事、時給1600円以上・福利厚生付きで募集されてしまう

このエントリーをはてなブックマークに追加



あれだけ紛糾した待遇の悪さとは、一体何だったのでしょうか。詳細は以下から。

大手アルバイト情報誌「タウンワーク」によると、2019年11月27日現在、東京オリンピック組織委員会運営スタッフの派遣が募集されています。


勤務期間は配置により異なり、2020年2~9月の1~8ヶ月程度で時給は1600円から。つまりボランティアと同じくオリンピック、パラリンピック開催時のみ雇用されるケースもあります。


そして気になるのがこの仕事内容。「トランスポート」「メディカル」「国際コミュニケーション」「競技会場運営」「選手村運営」などが挙げられていますが、ボランティアが募集されていた「案内」「アテンド」「運営サポート」と同じ。さらに福利厚生メニューもあるとのこと。


宿泊費どころか交通費・食費すら満足に賄えない、タダ働き以下のボランティアとは、一体何なのでしょうか……。

・関連記事
東京オリンピック組織委員会の役員報酬は年間2400万円、ボランティアに自己負担を強いる一方で宿泊・交通費なども全額支給 | BUZZAP!(バザップ!)

タダ働き以下なのに要求スキルは専門職級、東京オリンピックのボランティア業務一覧をごらん下さい | BUZZAP!(バザップ!)

東京五輪組織委「ボランティアは得がたい経験だから交通費は独自プリカで一律1000円、宿泊費・東京までの旅費は全額自腹ね」 | BUZZAP!(バザップ!)

「終電で出勤してもらい、徹夜の交流で士気を高めさせよう」東京五輪ボランティアの過酷さが改めて浮き彫りに | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

こぼれ話に関連した楽天商品ランキング