賀東招二「グレタさんを絶望のどん底に叩き落として嘲笑してやりたい 肉を食わせて悔し涙を流す姿が見たい」→フルメタル・パニック!のコミカライズ担当漫画家が激怒

このエントリーをはてなブックマークに追加



地球温暖化対策を訴える16歳の少女グレタ・トゥーンベリさんに対し、「フルメタル・パニック!」や「甘城ブリリアントパーク」などのアニメ化作品で知られる人気ライトノベル作家の賀東招二氏が激しい悪意を向けています。詳細は以下から。

これがそのツイート。温暖化対策を話し合う「第25回国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP25)」の会場をグレタさんが訪れ、話題を集めているというNHKのニュースを引き合いに出したものです。


驚くのはそのツイート内容。「もし自分が世界の影の支配者だったら」という例え話の体とはいえ、悪意や憎しみがにじみ出ていることが分かります。

俺もこの子きらい。もし自分が世界の影の支配者だったら、すべてを奪って絶望のどん底に叩き落として嘲笑してやりたい。その上であっつあつの超うまいステーキとか食わせてやって、悔し涙を流す姿が見たい。すごく見たい。

一体何が賀東招二氏を「16歳の少女を絶望のどん底に叩き落とし、そのさまを嘲笑したい」「菜食主義者にわざわざ肉を食べさせ、悔し涙を流させたい」と思わせるほどに駆り立てたのかは不明ですが、露骨すぎる嫌悪感にSNSでは往年のファンが困惑する光景も。


賀東招二氏を含め、大人であれば誰しもある日突然大事なものを望まない形で失い、絶望した経験があると思われますが、それを子どもにあえて経験させたいとまで願う必要は本当にあるのでしょうか。

・追記
フルメタル・パニック!のイラストを担当している四季童子さんも賀東招二氏に賛同しています。


・追記2
コミカライズ作品「フルメタル・パニック!zero」を担当した漫画家のカサハラテツローさんが「未成年の少女のビーガンの方に対して、この言い草は…」と苦言を呈しました。


その上で賀東招二氏の主張に賛同しないこと、宣伝もしなければ続編も描かないこと、作品で得た収入を環境保護団体などへの寄付に当てることを表明。かなり強い内容です。


直近まではツイッターのプロフィールに著作として「フルメタル・パニック!zero」が掲載されていましたが……


2019年12月9日14:30現在、同作のみ削除されています。

・関連記事
「キッタネー少女像」エヴァでおなじみ貞本義行先生の慰安婦像へのコメントをご覧下さい | BUZZAP!(バザップ!)

タレントの竹田恒泰氏「私の差別発言を10個挙げないと訴える」→さっそく振り返ってみました | BUZZAP!(バザップ!)

ネット工作がバレた途端に垢消し逃亡、日本青年会議所(JC)謹製の憲法改正マスコット「宇予くん」の発言をお楽しみ下さい | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

こぼれ話に関連した楽天商品ランキング