山口敬之の性暴力認定で擁護していた上念司加計学園客員教授や足立康史議員が速攻逃亡、なお伊藤詩織さんへの謝罪はなし

このエントリーをはてなブックマークに追加



「あんなに一緒だったのに……」という声が聞こえてきそうです。詳細は以下から。

まず見てもらいたいのが、2017年10月29日にYouTubeで配信された「報道特注 第一回ファンクラブ公開収録撮って出しSP」という番組の冒頭部分。


伊藤詩織さんへの性暴力について、刑事での訴追を検察審査会が「不起訴相当」と議決したことを受け、上念司加計学園客員教授や足立康史議員、和田政宗議員らが山口敬之氏と乾杯しています。


この回以外でもハニートラップなどの事例を挙げた上で「脇が甘かった」と山口氏を擁護。言い換えれば、そう擁護することで伊藤さんを貶めていたわけです。


しかし本日の判決を受け、上念司加計学園客員教授は「この判決を受けて山口さんを擁護するのは難しいと思いました」と山口氏をあっさり切り捨て。擁護した責任を認めつつも、伊藤さんへの謝罪はありません。


足立康史議員も「本判決を踏まえ、当面、同番組への出演は自粛することといたします」とコメントし、逃亡を図る事態に。やはり伊藤さんへの謝罪はありません。


なお、杉田水脈議員ともども伊藤詩織さんへのバッシングを続けていたはすみとしこさんは速攻で逃亡を図った足立議員について『自分の身の可愛さに人を切る「卑怯者」ではないと評価していたのに』と非難。今回の逃亡劇は保守をうたう人々の中でも禍根を残しそうです。


・次の記事
伊藤詩織さん、月刊Hanadaやはすみとしこなどに法的措置へ | BUZZAP!(バザップ!)


杉田水脈議員が「伊藤詩織さん中傷」「同性愛の子どもの自殺率」などに満面の笑顔を浮かべる様子をご覧ください | BUZZAP!(バザップ!)


杉田水脈議員が伊藤詩織さん中傷に関して「表現の拙さゆえに、結果的にそう受け止められる発言をした」「貶めるつもりはなかった」と釈明した発言内容をごらん下さい | BUZZAP!(バザップ!)

・関連記事
伊藤詩織さん、月刊Hanadaやはすみとしこなどに法的措置へ | BUZZAP!(バザップ!)

山口敬之と雑誌ぐるみで伊藤詩織さんを攻撃していた「月刊Hanada」と小川榮太郎の記事をご覧下さい | BUZZAP!(バザップ!)

「昏睡レイプ事件」の山口敬之、週刊新潮からの質問状を北村滋内閣情報官に相談か→週刊新潮にメール誤転送で発覚 | BUZZAP!(バザップ!)

百田尚樹が杉田水脈議員に激怒しまさかの暴露ラッシュ、有本香さんが加勢も見事LGBT問題に飛び火 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

こぼれ話に関連した楽天商品ランキング