杉田水脈議員が伊藤詩織さん中傷に関して「表現の拙さゆえに、結果的にそう受け止められる発言をした」「貶めるつもりはなかった」と釈明した発言内容をごらん下さい

このエントリーをはてなブックマークに追加



先日東京地裁で性被害が認定された伊藤詩織さんを中傷していた杉田水脈議員が釈明しました。詳細は以下から。

◆「表現が拙く、結果的にそう受け止められる発言をした」「貶めるつもりはなかった」
まず見てもらいたいのがハフポストが行った杉田水脈議員インタビュー

伊藤詩織さんへの言説について「裁判や捜査の結果にかかわらず、人を貶めるような発言は問題があるのでは」という質問に対し、杉田議員は以下のように回答しています。

私は、彼女を貶めるつもりは決してありませんでした。性暴力に関しても断じて許されないことであると思っています。

また、一連の杉田議員の言説に対して「伊藤さんや一般の女性に対する強い抑圧になるのでは」という質問に対しては以下のように回答しています。

私の表現の拙さゆえに、結果的にそう受け止められる発言をしたことは事実ですので、真摯に受け止めています。

ただ、3時間近くのインタビューのなかで、文脈や時系列が入り交じり、問いに対する回答のみがあのような形で短く編集されてしまい、真意が伝わらなかったということは知って欲しいと思います。

◆「貶めるつもりはなかったが結果的にそう受け止められた」発言をどうぞ
そしてこれが杉田議員が「表現の拙さゆえに、結果的にそう受け止められる発言をした」「貶めるつもりはなかった」と釈明した伊藤詩織さんに関する発言。本人の発言なのでもちろんノーカットです。


まともな読解力の持ち主なら『杉田議員がまるで伊藤さんが自分から誘ったかのように決めつけ「恥ずかしい」「情けない」などと貶めた』と受け止めるしかない文章で、誤解を挟む余地がありません。(※国会議員の発言であるため、公益性を鑑み掲載しています)


誤解を挟む余地がないことは、伊藤詩織さんと切り離せない「#MeToo運動」を「モテない女のひがみ」とした漫画家はすみとしこさんのイラストを見た杉田議員の満面の笑顔からも見てとれます。




批判を受けるたびに「結果的にそう受け止められた」「誤解を招いた」などと言い逃れる杉田議員。

まるで批判する側の受け取り方に問題があるかのように言い繕いますが、これだけ同様のケースが続く以上、問題があるのは杉田議員自らの考えであることは言うに及びません。

・関連記事
杉田水脈議員が「伊藤詩織さん中傷」「同性愛の子どもの自殺率」などに満面の笑顔を浮かべる様子をごらん下さい | BUZZAP!(バザップ!)

伊藤詩織さん、月刊Hanadaやはすみとしこなどに法的措置へ | BUZZAP!(バザップ!)

山口敬之の性暴力認定で擁護していた上念司や足立康史議員が速攻逃亡、なお伊藤詩織さんへの謝罪はなし | BUZZAP!(バザップ!)

【コラム】新潮45「生産性」から1年、杉田水脈議員はLGBTに何をしてきたかまとめてみた | BUZZAP!(バザップ!)

【大丈夫?】杉田水脈議員「中国の空港は電源オフでもスマホのデータを全部抜かれるので非常におそろしい」 | BUZZAP!(バザップ!)

百田尚樹が杉田水脈議員に激怒しまさかの暴露ラッシュ、有本香さんが加勢も見事LGBT問題に飛び火 | BUZZAP!(バザップ!)

LGBT叩きで大炎上中の杉田水脈議員、今度は「日本のテレビが売れないのは技術力が落ちたからでなく慰安婦問題のせい」と訴え | BUZZAP!(バザップ!)

山口敬之と雑誌ぐるみで伊藤詩織さんを攻撃していた「月刊Hanada」と小川榮太郎の記事をご覧下さい | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

こぼれ話に関連した楽天商品ランキング