新型コロナウイルス「マスク転売」のとんでもない実態、4万円近い値段での売買も

このエントリーをはてなブックマークに追加



新型コロナウイルスによる肺炎への危機感が高まる中、全国各地で発生しているマスクの品切れ。

その状況を利用し、とんでもない値付けが行われています。詳細は以下から。

まずはこちら。白元アースの60枚入りお徳用マスクが3箱で3万7080円で販売されています。なお、アスクルでの通常価格は1箱739円のため、実に17倍近い価格設定です。


別の店舗ではサラヤ製の50枚入りマスクが8980円に。


こちらでは50枚入りが1万4370円。「1箱1万円前後」がおおよその相場でしょうか。


極めつけがこちら。イオンのトップバリューブランドのマスクが9800円で転売されています。


飛沫感染のおそれが取りざたされる中、パッケージに書かれた「ウイルス対策」などの文字が心強く見えてしまうだけに、なんともやりきれない気持ちになってしまうマスクの転売。

新型肺炎やインフルエンザに加えて花粉症に悩まされるシーズンが訪れつつあることもあり、転売屋を交えたマスク争奪戦は当面続くこととなりそうです。

・関連記事
【完全敗北】「持つのも恥ずかしいレジ袋」でエコバッグを促進する試みが失敗 | BUZZAP!(バザップ!)

福袋転売を煽る「ヤフオク!福袋特集2016」があまりにも下品すぎる | BUZZAP!(バザップ!)

mineoのフリータンク枯渇の原因は「引き出したパケットの転売」か | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

こぼれ話に関連した楽天商品ランキング