厚生労働省が「新型コロナウイルス感染症は流行が認められている状況ではありません」という記述を公式ページからいきなり削除

このエントリーをはてなブックマークに追加



状況が変わったのであれば、その旨はしっかり告知すべきではないでしょうか。詳細は以下から。

まず見てもらいたいのが、日本時間の2020年02月16日(日)01:17にGoogleが取得した、厚生労働省の「新型コロナウイルス感染症について」というページのキャッシュ


「国民の皆さまへのメッセージ」と題された項目に「新型コロナウイルス感染症は、我が国において、現在、流行が認められている状況ではありません」とはっきり記述されています。


一方、2月16日23:00現在の同一ページでは……


「新型コロナウイルス感染症は、我が国において、現在、流行が認められている状況ではありません」という記述が丸ごと削除されています。


同ページの更新履歴。2月16日にも更新が行われているため、その中で削除されたものとみられますが、どの段階で削除されたのかは記されていません。


厚生労働省が暗に流行を認めたのか、それとも判断を付けられない状況にあるのか、それは国民のあずかり知るところではありません。

しかし、つい22時間前まで「流行が認められている状況ではありません」としていた記述を突然削除するのであれば、パニックを招かないためにも、せめて現状をどう捉えているのかを分かりやすく告知すべきと思われます。

・関連記事
【新型コロナウイルス】国立感染症研究所が「予算・人員不足で運営に限界」と2011年に悲鳴→さらに予算が10年で1/3削減されていた | BUZZAP!(バザップ!)

【コラム】「風邪でも絶対に休めない」日本社会が新型コロナウイルスを蔓延させている | BUZZAP!(バザップ!)

「野党は新型肺炎の質問をしない」と攻撃する与党、対策のための「厚生労働委員会」開催要請を放置していた | BUZZAP!(バザップ!)

新型コロナウイルス「マスク転売」のとんでもない実態、4万円近い値段での売買も | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

社会に関連した楽天商品ランキング