東京オリンピック1年延期案が浮上、ただし開催時期は真夏のまま

このエントリーをはてなブックマークに追加



新型コロナウイルスが終息したとしても、猛暑が終息する可能性はあまり高くなさそうですが…。詳細は以下から。

◆東京オリンピックに「1年延期」案
昨日、東京オリンピック中止の可能性にも言及して話題となった国際オリンピック委員会(IOC)のベテランであるディック・パウンド委員。

東京オリンピックを開催可否の判断期限が5月下旬になるとしていましたが、ロイター通信のインタビューにもし日程の再検討が必要となれば、理論上は同じ開催時期で2021年に延期される可能性があると回答。

前記事でも述べたように、このパウンド委員は1978年からIOC委員を務めており、IOCが設立した五輪放送サービス(OBS)や世界反ドーピング機関(WADA)の委員長経験もある最古参の委員です。

◆「1年延期」で起こることは?
新型コロナの感染拡大が続き、終息のめどが立っていない日本の現状を考えれば、1年延期は現実的な提案に見えなくもありません。

ですが延期となれば、2年連続でビッグサイトを筆頭としたの巨大施設の使用ができなくなるため、各業界への影響は必至。また選手やスタッフ、ボランティアらのスケジューリングなどもすべてやり直しとなります。

また、東京オリンピックで懸念されている猛暑がなくなるわけではなく、東京湾うんこまみれ問題などのトラブル要因も山積したままです。


当然今から延期しても、現在計上している費用や労力がゼロにはなることはなく、来年新たに予算を計上して人や物資、場所などを手配しなおさなければなりません。延期にかかる費用がどれほど膨れ上がるかは現時点では未知数です。

中止と延期、どちらが割に合うのか難しい計算になりそうです。

イラスト図解 オリンピック競技おもしろ大全
雑学総研
KADOKAWA (2020-01-24)
売り上げランキング: 76,466

・関連記事
東京オリンピック中止にも言及、新型コロナ蔓延にIOC委員「開催判断期限は5月末」 | BUZZAP!(バザップ!)

東京オリンピック中止か、新型肺炎対策でIOCとWHOが協議 | BUZZAP!(バザップ!)

【新型コロナ】「マスクしないで最後まで頑張る」五輪組織委の森喜朗会長が表明 | BUZZAP!(バザップ!)

国立競技場が年間数十億円の赤字予測で民営化頓挫、負のレガシー(遺産)まっしぐらに | BUZZAP!(バザップ!)

東京五輪暑さ対策は予算2.5倍の100億円超へ、「1300トンの氷で冷やす」「アイスクリーム配布」「乾杯コール」など斬新なアイディアも満載 | BUZZAP!(バザップ!)

【東京五輪贈賄疑惑】JOC竹田会長の疑惑と発言、経緯を総ざらいしてみました | BUZZAP!(バザップ!)

【コラム】「東京湾うんこまみれ問題」はどれだけ根深く深刻なのか、13年前から指摘も【東京オリンピック】 | BUZZAP!(バザップ!)

東京五輪に投入された国費8011億円、うち6286億円が水増しや捏造だったと政府が発表 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

社会に関連した楽天商品ランキング