加計学園獣医学部が入試不正「韓国人受験生を一律面接0点で不合格」認める、私学助成減額ないし不交付か

このエントリーをはてなブックマークに追加



先週お伝えした加計学園・岡山理科大学獣医学部入試不正疑惑が確定されました。詳細は以下から。

◆外国人受験生を一律「面接0点」で不合格にした加計学園獣医学部
まず振り返っておきたいのが、週刊文春オンラインの報道。2019年11月に行われた岡山理科大学獣医学部獣医学科推薦入試において、韓国人受験生の面接試験を一律0点として不合格にしたことが明らかになったそうです。

記事中で提示された内部文書では、筆記と面接の合計点が138点以上であれば合格扱い。しかし韓国人受験生の面接が一律0点とされたことで、筆記だけで128点取った優秀な受験生すら涙をのむ結果となっています。

面接が一律0点となった理由について、獣医学部の教授陣は「日本語でのコミュニケーションが著しく困難だった」と説明していますが、受験生たちが選択した科目は英語と数学。

日本語の設問を読み解き、大学受験レベルの英訳、和訳ができている時点でその理屈は成り立ちません。母語を含めて3つの言語を扱える優秀な受験生を不合格にしたことになります。

◆「一律面接0点」を認めた加計学園
毎日新聞社の報道によると、文部科学省は10日の参院予算委員会理事会で、岡山理科大が韓国人受験生全員を面接で0点にし、不合格としたことを認めたと報告したそうです。

大学側は「日本人の中にも面接が0点の受験生が複数おり、一般入試などでは韓国人留学生の合格者がいた」などと説明し、入試が適正に行われたと主張しています。

なお、加計学園は5日にも朝日新聞に「本年度の留学生の合格者については、韓国人の獣医学科受験者のうち、今日までの複数の選抜試験で4人が合格されています」などと回答。

入試が適正に行われているという話ですが、加計学園が挙げている「韓国人受験生の合格者」は問題となった推薦入試以外の方式で合格しただけであり、推薦入試で一律面接点を0点として不合格にした事実は何も変わりません。

◆入試不正で「私学交付金不交付」のおそれも
内閣総理大臣に提出した国家戦略特区に関する資料でアジアからの留学生受け入れをうたい、韓国で受験生を募っていたにもかかわらず「一律0点で不合格」とした加計学園獣医学部。

このように特定属性の受験生のみピックアップして一律減点するやり方は、2018年に女子受験生の一律減点が発覚した東京医大と変わりません。

なお、一律減点問題が発覚した東京医大は2018年度、2019年度の私学助成金が不交付に。ほかにも入試不正を行っていた大学が減額となったため、加計学園でも同様の措置が執られる可能性は十分あります。

・関連記事
加計学園の獣医学部新設はどれほど馬鹿げているのか、系列大学の偏差値や四国の実態から考えてみた | BUZZAP!(バザップ!)

本当に獣医学部設置は妥当?加計学園・千葉科学大学(偏差値30台)の薬剤師国家試験合格実績がひどい | BUZZAP!(バザップ!)

獣医学部新設以前の問題、加計学園系列校の大半が多額の補助金を出しても偏差値30台&定員割れ&赤字だった | BUZZAP!(バザップ!)

加計学園に文科省が5年間補助金支給へ、系列2大学が奇跡的な確率で「私立大学研究ブランディング事業」に選定 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

社会に関連した楽天商品ランキング