世界保健機関(WHO)への日本の166億円拠出が明らかに、テドロス事務局長は安倍首相を異例の名指し賞賛

このエントリーをはてなブックマークに追加



日本国内の新型コロナの終息のめども立たず、一斉休校要請での保護者らへの補償やイベント自粛要請に伴うサポートも十分とはいえない状況ですが、政府が他国の感染拡大対策に166億円を拠出していたことが判明しました。詳細は以下から。

日本政府が新たに世界保健機関(WHO)に1億5500万ドル(約166億円)を拠出していたことが判明しました。


この事実を明らかにしたのは当のWHOのテドロス事務局長。3月13日の記者会見で、日本から新型コロナ感染国への緊急支援用として拠出されたことを明らかにしました(動画10:08から)。


またテドロス事務局長は同じ会見で、日本の新型コロナへの対応を「安倍首相自ら先頭に立った、政府一丸となった取り組み」と賞讃(上記動画6:38から)。指導者の名前を個別に挙げて褒め称える異例の対応となっています。


ただしこれは外交筋からあまりにも露骨(なリップサービス)と評されるなど、「賞讃を金で買った」と認識されてしまったようです。

今回に限らず、テドロス事務局長は2020年1月に北京で習近平国家主席と会談し、新型コロナ対策について中国の取り組みを賞讃したと報じられています。

これによって「WHOは中国の言いなり」とも批判されましたが、実際には1つの国に肩入れしたり、支配下にあるわけではないことが図らずも明らかになった形です。

なお2月7日(日本時間)にも日本日本政府はWHOに1000万ドル(約11億円)を拠出しています。この際もテドロス事務局長は謝意を述べ、以降プリンセスダイヤモンド号の感染者数が「Other」扱いになっています。


WHOの国家や指導者への賞賛は、拠出金に対する「まいどあり!」程度のあいさつだと受け取っておいた方がよいのかもしれません。

世界の人びとを健康に 世界保健機関 (調べてみよう世界のために働く国際機関)
ジリアン パウエル
ほるぷ出版
売り上げランキング: 1,179,906

・関連記事
【速報】マスク在庫が大量入荷、防塵やN95タイプも常識的な値段で販売中 | BUZZAP!(バザップ!)

【新型コロナ対策】子育て世帯だけに3万円給付へ、政府は「現行予算の枠内の範囲」で支援の方針 | BUZZAP!(バザップ!)

「新型コロナ対策費用」政府予算案ではゼロ、野党が組み替え動議提出へ | BUZZAP!(バザップ!)

【新型コロナ】自営業・フリーランス保護者に「日額4100円休業補償」検討、会社員の半分を割る | BUZZAP!(バザップ!)

【新型コロナ】「10万円融資してやるよ」自営業・フリー・非正規保護者への措置が判明 | BUZZAP!(バザップ!)

【?】新型コロナ臨時休校の保護者の休業手当、8330円上限もなぜか「全額助成」と報道される | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

社会に関連した楽天商品ランキング