【新型コロナ】「生活困窮者には20万円貸してやるよ」感染拡大での収入減に新たな対策

このエントリーをはてなブックマークに追加



やはり給付ではなく貸し付けという形になりそうです。詳細は以下から。

安倍首相が3月16日の参院予算委員会の集中審議で、新型コロナの感染拡大で所得が減少して生活が困窮している人への対応策を週内にまとめる考えを表明しました。

安倍首相は「公共料金の支払いすら難しい方々も出てくると懸念される。不安を感じている皆さまへの手当については速やかに検討していきたい」と強調。

「休校に伴い仕事を休まざるを得なくなった方々への保証も正規・非正規を問わず、フリーランスの方々も含めて対応していく」と述べて働き方を問わない対応を示唆しました。

ですが、生活困窮者への対応としては「小口の対応もしていく」と語り、個人向け小口資金として収入減の世帯に事情によって20万円以内で貸し出す方針であると語っています。


新型コロナでは政府が増加を目指したインバウンドが全滅し、ホテルや観光業を中心に甚大な影響が出ています。また政府は小中高校の「一斉休校やイベント自粛の要請も行っており、この煽りを受けて多くのビジネスが縮小を余儀なくされ、働く人にも影響が広がっています。

そうした中で「公共料金の支払いすら難しい」状況にまで追い込まれた人に、給付ではなく最大20万円の返済義務のある貸し付けを行う効果がどこまであるのかは不明です。


なお「事情によって」とあるように、生活困窮者であれば貸し付けを受けられるというわけでもありません。こちらの基準作りも今後の課題となりそうです。

・関連記事
【新型コロナウイルス】国立感染研「博士号取得者を日給12000円で募集、業務内容は高病原性ウイルス研究やバイオセーフティ管理」 | BUZZAP!(バザップ!)

【新型コロナ対策】子育て世帯だけに3万円給付へ、政府は「現行予算の枠内の範囲」で支援の方針 | BUZZAP!(バザップ!)

【新型コロナ】自営業・フリーランス保護者に「日額4100円休業補償」検討、会社員の半分を割る | BUZZAP!(バザップ!)

【新型コロナ】「10万円融資してやるよ」自営業・フリー・非正規保護者への措置が判明 | BUZZAP!(バザップ!)

【?】新型コロナ臨時休校の保護者の休業手当、8330円上限もなぜか「全額助成」と報道される | BUZZAP!(バザップ!)

世界保健機関(WHO)への日本の166億円拠出が明らかに、テドロス事務局長は安倍首相を異例の名指し賞賛 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

社会に関連した楽天商品ランキング