新規感染者過去最多の東京都が「首都封鎖」に向け物流事業者との協定や4000病床整備など加速、オリンピック延期論が後押しか

このエントリーをはてなブックマークに追加



オリンピック延期論が出た途端、東京都が堰を切ったように都市封鎖に向けた動きを加速させ始めました。詳細は以下から。

◆いきなり浮上した「首都封鎖」
TBSニュースの報道によると、3月23日に小池都知事が「この3週間オーバーシュート(編集部注:感染爆発)が発生するか否かの大変重要な分かれ道であるということです」として、大型イベントの自粛などを改めて求めたそうです。


都内で大規模な感染拡大が認められた際には、東京都を封鎖する「ロックダウン」も検討すると明らかに。

帰国後に感染が確認されるケースが増えていることから羽田空港の検疫の状況を都知事自ら確認するほか、症状の軽い人たちが感染を広げないよう、若者にメッセージを出すことも表明しています。

◆首都封鎖に向けた準備が着々と進んでいました
・新型コロナウイルス患者向け病床を118床→4000床に
また、NHKニュースの報道によると東京都は23日に都内で118床確保されている指定感染症患者向け病床について、患者が急増しても医療体制を維持するため民間の医療機関にも協力を要請して増やす方針をとりまとめ。

具体的には重症患者を受け入れるために最大700床、中等症の患者については最大3300床の合計4000床まで段階的に増やしていくことを目指しています。


・災害時に物資を円滑に輸送できる協定を締結
さらに東京都は23日に佐川急便、西濃運輸、日本通運、福山通運東京支店、ヤマト運輸および一般社団法人東京都トラック協会と「災害時における広域輸送基地の運営等に関する協定」を締結。

災害時に「広域輸送基地(都が国などから供給される支援物資を受け入れ、区市町村の施設に輸送する物資拠点)」から都内区市町村等に円滑に物資を供給することを可能にするものです。


◆1日あたりの新規感染者が過去最大に
なお、東京都は23日に1日あたりでは過去最多となる16人が新型コロナウイルスに感染したことを発表。うち5人が海外からの帰国者で、7人は感染経路不明という、市中感染が疑われる状況となっています。


矢継ぎ早に発表された感のある「首都封鎖」に向けた動き。オリンピック延期を国やIOC、都が認めざるを得ない状況になったことや新規感染者が急増しつつあることが背景にあるとみられます。

・19:45追記
先ほど東京都が17人の新規感染者を報告し、都内の患者数が計171人に。過去最多を更新しており、状況が悪化しつつあることは明白です。

・関連記事
マスク在庫が大量入荷、医療用や防塵マスクの大容量50枚パックなども選べて常識的な値段に | BUZZAP!(バザップ!)

大規模イベント自粛を菅官房長官が再要請、新型コロナ感染拡大対策の迷走続く | BUZZAP!(バザップ!)

記憶喪失の57歳男性、「新型コロナ」で30年ぶりに記憶を取り戻す | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

社会に関連した楽天商品ランキング