「雨がっぱ買い取ります」防護服欠乏で松井大阪市長が提供呼びかけ、医師らはごみ袋かぶり治療に

このエントリーをはてなブックマークに追加



確かにごみ袋をかぶって治療をするよりはまだマシかもしれませんが、きわめて劣悪な環境での戦いを強いられています。詳細は以下から。

大阪市の松井一郎市長が4月14日、記者団の取材に「家庭に使用していない雨がっぱがある人、在庫が余っている人はぜひ大阪府市に連絡してほしい。しっかりと購入させていただく」と提供を呼び掛けました。

これは新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、大阪府内の医療現場で防護服が不足していることを受けたもの。

医療現場では防護服が足りなくなり「ごみ袋をかぶって(医師らが)治療している状態だ」と窮状を説明。一般市民らの協力の必要性を訴えました。

雨がっぱの購入条件は「透明で未開封のもの」のみが対象。松井市長ははフェイスシールドについても不足しているとして「手作りでも、あればいただきたい」と付け加えました。


これらは大阪府市が窓口として買い取る方針で、詳細は今後詰めるとしており、実際に医師らのもとに届くまでにはまだ時間がかかりそうです。

なお、こうした事態は現在ロックダウン中のニューヨークでも起きており、防護服代わりにごみ袋を着用せざるを得ず、看護師が新型コロナに感染して死亡した例も。当然ごみ袋が雨がっぱに変わったとしても感染を防ぐことはできません。

産経新聞の4月9日の記事によると、大阪府は1日の平均感染者数が1000人の「オーバーシュート」発生時には、高密度マスク「N95」と防護服、フェースシールドがそれぞれ220万枚、医療用手袋は450万組が必要と算出。

ですがN95マスクや防護服、フェイスシールドはすでに府の備品に在庫がない上、調達も難しい状況とのこと。また医療用手袋の在庫も7万組と、まったく足りていないのが現状。名実ともに医療崩壊に直面しているということになりそうです。


・関連記事
【速報】マスク大量入荷、大容量50枚パックやN95タイプ・体温計・各種殺菌グッズなど怒濤の在庫数で販売中 | BUZZAP!(バザップ!)

消毒用アルコールと同じ度数のお酒「長野屋アルコール77%」販売中、菊水酒造の「アルコール77」と並ぶ選択肢に | BUZZAP!(バザップ!)

【新型コロナ】「わが国の支援は世界で最も手厚い」安倍首相が強調 | BUZZAP!(バザップ!)

【注意】「コロナの新規感染者が減り始めた」は大間違い、毎週月曜日に報告数が減るワケ | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

社会に関連した楽天商品ランキング