星野リゾートが「脱マスク」プランを新型コロナ感染が発覚した沖縄・石垣島そばの竹富島で提供→感染拡大後にこっそりページ削除

このエントリーをはてなブックマークに追加



県外から持ち込まれたウイルスによる集団感染のおそれがあることが明らかになった沖縄県・石垣島。

感染症病床がわずか9床しかないなど離島医療の現状は厳しく、集団感染が起きると医療崩壊を招きかねませんが、星野リゾートがとんでもないプランを提供していたことが明らかになりました。詳細は以下から。

◆星野リゾート「マスクやメガネを外して快適に過ごせます」
まず見てもらいたいのが、星野リゾートが2月21日付けで発表したプレスリリース。『スギやヒノキのない竹富島で花粉ストレスから開放!春でもアウトドアを満喫できる「花粉さよなら滞在」』という内容です。


これは石垣島のそばにある竹富島で星野リゾートが展開する「星のや竹富島」で2月1日から提供されたプラン。


都会で花粉を避けるためにしていたマスクやメガネを外して、快適に過ごせます」と売り込んでいました。


◆新型コロナウイルス流行を念頭に「脱マスク」アピール
続いて見てもらいたいのが星野リゾートが3月21日に発表したプレスリリース。『(キャッシュ)花粉症よ、さようなら「脱マスク滞在」実施中』と題し、前述のものと同様のプランを3月1日から提供していました。


注目すべきは開発背景。新型コロナウイルス感染者がいない地域であることをアピールした上で「都会で予防のためしていたマスクを外して、快適に過ごすことができます」とうたっています。

現在、新型コロナウイルスの影響からマスクを常に装着し、不要な外出は避ける日々が続いています。TVやSNSでも毎日気が滅入る情報が溢れ出しています。
一方で、八重山地方では未だウイルス感染者の報告がない地域です。また、人が密集する空間や機会があまりないため、都会で予防のためしていたマスクを外して、快適に過ごすことができます。



人口350人前後の小さな島で空港はなく、海路で必ず石垣島を経由する必要がある竹富島。高速船で片道10~15分ほどのため、両島での人の行き来は盛んです。


◆星野リゾート、「脱マスク」のページだけこっそり削除
自粛ムードが緩んだ「3月の3連休(3/20~3/22)」中となる3月21日に、3月1日から提供中であることが発表された星野リゾートの「脱マスク」プラン。

Googleのキャッシュによると、少なくとも3月29日時点まではプレスリリースのページに掲載されていたことが確認できます。


しかし全国的に新規感染者が急増し、地方への「コロナ疎開」などが問題視されるようになった3月末以降のタイミングで、こっそり削除されています。


新着プレスリリース一覧からも削除。もちろん星野リゾートは何の告知も行っていません。

・関連記事
マスク大量入荷、大容量50枚パックやN95タイプ・体温計・各種殺菌グッズなど怒濤の在庫数で販売中 | BUZZAP!(バザップ!)

「東京オリンピック開催が決まればお台場の海は沖縄に匹敵する清浄な海にします」→できませんでした | BUZZAP!(バザップ!)

「潰せ」と言われた沖縄タイムス、琉球新報が沖縄県民にとって「ただの地方紙」ではないことが一目で分かるデータ | BUZZAP!(バザップ!)

【豆知識】青森大学、神奈川大学、長野大学、愛知大学、奈良大学、兵庫大学、福岡大学、沖縄大学の共通点は? | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

特集に関連した楽天商品ランキング