レバノンが中東で初めて医療・産業用大麻を合法化、経済立て直しを理由に

このエントリーをはてなブックマークに追加



中東初の大麻合法化が行われましたが、その理由は少々意外なものでした。詳細は以下から。

新型コロナウイルスのパンデミックで世界中の国が大きな打撃を受ける中、レバノンが中東初となる大麻の合法化法案を成立させました。

この法案で合法化されるのは医療用及び産業用の大麻のみとなり、レクリエーション用大麻は合法化されません。

この合法化で大麻の栽培者は法による規制に基づいて合法的に大麻を栽培できるようになり、医療・産業向けの輸出品として扱われるようになるとのこと。また、CBDオイルなどを含む合法大麻産業の育成も行われることになります。


もともとレバノンでは、東部のベッカー高原で広く違法な大麻の栽培がおこなわれてきました。今回の合法化はこうした地域での栽培を認めて税収を増やし、産業を育てることで苦境にあるレバノン経済を立て直すことが大きな目的です。

特に今回の新型コロナでさらなる打撃を受けたレバノンにとっては緊急性が高かったため、パンデミック中の合法化になったとのこと。

また大麻の密輸はヒズボラの大きな収入源になっていたため、今回の合法化は地域の治安の安定化にも役立つとの指摘もあります。

新型コロナの予防にCBDが有効な可能性があるとの論文が提出されていることもあり、経済を立て直すきっかけになるかもしれません。

・関連記事
医療大麻検索アプリ「Dr. Ganja」をタイ政府が開発、国を挙げての医療大麻推進体制に | BUZZAP!(バザップ!)

大麻から抽出される「CBD」はどう使う?流行りだした今こそ知っておくべきいくつかのポイント | BUZZAP!(バザップ!)

米の医療大麻のシェアが拡大、165億円規模の医療費削減に | BUZZAP!(バザップ!)

韓国が医療大麻を合法化、東アジアでは初 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

海外に関連した楽天商品ランキング