検察庁法改正案の強行採決に反対した自民党の泉田裕彦議員、即刻内閣委員から外される

このエントリーをはてなブックマークに追加



自民党がスピード感にあふれた先手先手の対応を見せています。詳細は以下から。

ハッシュタグ#検察庁法改正案に抗議しますで数百万の意見を集め、全国的に大きな関心を集めている検察庁法改正案。

この法案の委員会審議は5月8日に与党が強行する形で国公法を扱う内閣委員で審議が始められています。野党側は森雅子法相の出席が必須と求めていましたが、与党はこれを拒否しました。

代わりに武田良太国家公務員制度担当相が答弁していますが、まったく法務省内の議論に関与していないため「本来ならば法務省からお答えすべきこと」「私はその場にいたわけではないので具体的には言えない」といった答弁に終始。

具体的な運用基準すら「ない」と答弁し、法務省で「これから施行日までに決める」としたため、これでは政府への「白紙委任」になるとして野党は退席しました。

これを受けて元新潟県知事で自民党所属の泉田裕彦議員が13時8分に「国会は言論の府であり審議を尽くすことが重要であり強行採決は自殺行為です。与党の理事に強行採決なら退席する旨伝えました」とツイート。


そして16時24分、泉田議員は「内閣委員をはずされることになりました」とツイート。わずか3時間余りでのスピード感あふれる先手先手の対応に驚きの声が上がっています。


このツイートには「怖い」「ひどすぎる」といった自民党側の対応への感想とならび、「応援します」「頑張ってください」と支持を表明する声も多数集まっています。

なお、本件のここに至るまでの経緯については以下の3記事で詳細に報じていますのでご参照ください。

「 #検察庁法改正案に抗議します 」ハッシュタグに470万件の声、なぜここまでの炎上が起こるのか | BUZZAP!(バザップ!)


【ファクトチェック】「 #検察庁法改正案に抗議します 」に沸き上がった反論の妥当性を考えてみた | BUZZAP!(バザップ!)


「黒川氏は68歳(2025年)まで検事総長として君臨できる」法務省が公式見解 | BUZZAP!(バザップ!)

・関連記事
「黒川氏は68歳(2025年)まで検事総長として君臨できる」法務省が公式見解 | BUZZAP!(バザップ!)

【ファクトチェック】「 #検察庁法改正案に抗議します 」に沸き上がった反論の妥当性を考えてみた | BUZZAP!(バザップ!)

「 #検察庁法改正案に抗議します 」ハッシュタグに470万件の声、なぜここまでの炎上が起こるのか | BUZZAP!(バザップ!)

「司法の場で無罪証明を」森法相がゴーンの「日本で推定無罪の原則が守られてない」という主張を自ら追認 | BUZZAP!(バザップ!)

大阪地検特捜部「公文書の本質が変わらないから佐川ら38人全員不起訴」→財務省「公文書改ざん指示したのは佐川でした」→二階幹事長「これですっきり」→安倍首相「麻生続投」 | BUZZAP!(バザップ!)

小渕優子元・経産相に続いて松島みどり法務大臣も辞意を固める | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

社会に関連した楽天商品ランキング