【不要不急】今度は「 #国民投票法改正案に抗議します 」、改憲に向けた法案が今国会で突然成立方針となり反対の声多数

このエントリーをはてなブックマークに追加



自民・公明両党が新型コロナ対策に集中しなければならないはずの今国会で、国民投票法改正案の成立を目指す方針を確認しました。詳細は以下から。

◆政府が「国民投票法改正案」今国会成立させる方針を提示
NHKによると、自民・公明両党の幹事長と国会対策委員長らが5月19日に国会内で会談し、衆議院憲法審査会で継続審議となっている国民投票法改正案に「結論を出すべきだ」とし、今の国会での成立を目指す方針を確認しました。

自民党の森山国会対策委員長は記者団に対し「ずっと継続審議になっているのは、立法府としていかがなものかと懸念する。結論を出してほしい」と述べています。

◆「国民投票法改正案」はデリケートかつ不要不急
当然ながら、国民投票法改正案は憲法改正に直結する極めてデリケートな法案。憲法審査会でも十分な議論は行われておらず、改憲を急ぐ理由もないため、誰がどう見ても不要不急と言わざるを得ません。

一方、5月半ばに至ってもアベノマスクの配布すら全く進んでおらず、10万円の給付もマイナンバーカード絡みの不手際や煩雑な事務処理のせいで遅れに遅れています。

また新型コロナのパンデミックに伴う外出自粛要請により日本国内の経済はすでに大打撃を受けており、一刻も早い対策が待たれているのが現状です。

◆広告規制なしのため、中立性に大きな疑問符
また国民投票法改正案には広告規制が盛り込まれておらず、資金力のある政党や大企業などがプロパガンダの広告を際限なく流し放題になるため、中立性が脅かされるとして強い批判を浴びています。


立憲民主党が2019年11月に作成した問題点の説明動画を以下から閲覧できます。


このためツイッター上ではすでにハッシュタグ#国民投票法改正案に抗議しますが登場し、トレンド1位に。10:45現在でツイート数は31万件を超えています。


火事場泥棒と批判された検察庁法改正案を成立断念した途端に次の火事場泥棒に手を染めたとの批判も出ており、文字通りふたたび火事場に油をぶちまける結果となりそうです。

・関連記事
検察法改正反対者を「情弱の極み」呼ばわりした有本香さん、首相をアクロバティック擁護して野党に責任転嫁するも共産党がボコボコに | BUZZAP!(バザップ!)

検察庁法改正の今国会成立断念と先送りが決定、秋の臨時国会で成立へ | BUZZAP!(バザップ!)

産経新聞が存在しない「法務省の『検察庁法改正』批判への見解」を掲載してしまう | BUZZAP!(バザップ!)

検察庁法改正案の強行採決に反対した自民党の泉田裕彦議員、即刻内閣委員から外される | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

社会に関連した楽天商品ランキング