夜の歓楽街「見回り隊」結成へ、新型コロナ再急増を受け東京都と警視庁がタッグ

このエントリーをはてなブックマークに追加



東京アラート発動に伴い、夜の歓楽街を都職員と警察官が見回ることになりそうです。詳細は以下から。

新たに34人の新型コロナウイルス感染者が確認された東京都。小池都知事が初となる「東京アラート」を発令させました。

新規感染確認者の2割程度に当たる8人が夜の歓楽街で働いていたり客として訪れていたことから、東京都は警視庁とタッグを組んで「見回り隊」を結成し、歓楽街などを見回る検討を始めています。

緊急事態宣言の出された4月には、警察官が歌舞伎町などを見回って外出自粛の要請が出ていますよ。ご協力をお願いしますなどと声掛けをしていました。

ですが今回、東京都は現時点では飲食店などに対する休業や時短営業の再要請には至らないとの姿勢を崩しておらず、当然それに伴う新たな補償などもありません。このままでは、飲食店は補償なしで営業を続けざるを得ず、少ない客を「見回り隊」が散らしていくということになりそうです。

なんとか緊急事態宣言を生き延びた飲食店の苦しい経営に最後のひと突きを与える結果となりそうですが、どこまで都は補償を行うかが焦点となります。

呼吸器内科医が解説!  新型コロナウイルス感染症 — COVID-19 —
粟野 暢康, 出雲 雄大
医療科学社 (2020-03-31)
売り上げランキング: 91

・関連記事
新型コロナで営業縮小のバーやクラブに支援金給付へ、東京都が決定 | BUZZAP!(バザップ!)

【陰謀論】5G電波の健康被害から身を守れる?超絶アイテム、「5GBioShield USB Key」がなんと3万7000円で爆誕 | BUZZAP!(バザップ!)

「極めて高額」「濃度低くて使えない」「返品不可」政府あっせんの消毒液で医療機関が悲鳴、アベノマスクと並ぶ愚策に | BUZZAP!(バザップ!)

新型コロナ専門家会議の議事録、西村経済再生相が「しっかりと記録を残したい」と3月に明言していた | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

社会に関連した楽天商品ランキング