「新型コロナ感染は自業自得」日本は11%でアメリカ合衆国の10倍、自己責任論の蔓延が明確に

このエントリーをはてなブックマークに追加



やはり日本人は「自己責任論」が大好きで、100年に一度と言われる疫病禍においてもその傾向は変わらないことが明らかになりました。詳細は以下から。

「新型コロナに感染するのは本人が悪い」と考えていた人の割合が日本は米国や英国などと比べて10倍ほど高かったという調査結果を三浦麻子・大阪大教授ら心理学者の研究グループがまとめて話題になっています。

三浦教授らのグループは3~4月に日本、米国、英国、イタリア、中国の5ヶ国でそれぞれ約400~500人を対象にインターネット経由で回答を得ました。

それによると、「感染する人は自業自得だと思うか」との質問に「全く思わない」から「非常に思う」まで賛否の程度を6段階で尋ねたところ、「どちらかといえばそう思う」「やや~」「非常に~」のいずれかを選んだのはアメリカ合衆国で1%、英国1.49%、イタリア2.51%、中国4.83%でした。

一方で日本は11.5%で最も高く、アメリカ合衆国の10倍以上。中国と比べても倍以上です。逆に「全く思わない」と答えた人は、他の4ヶ国では60~70%台だったものの、日本は29.25%と半分にも届きませんでした。

実際に、日本国内では感染者が非難されて投石されたり誹謗中傷される事例が複数報告されていました。また、医療従事者の子どもというだけで保育園への通園や通学が拒否されるなどの事例も報告されています。

新型コロナがマスクや消毒液などでの予防だけで完全に防ぎきれないことは報道を見ていれば当然理解できる話。国や自治体の対応の不備も指摘されていましたが、そうした中であくまで感染を自業自得とする風潮に日本に古くから蔓延する「自己責任論」を無視することはできません。

もちろんこうした「自己責任論」が感染拡大の予防に有効とは到底言えません。ネット上では「自己責任論」があり、非難や差別を恐れたからこそ感染拡大が防げたとの意見も出ていますが、現在の感染確認者だけが感染者だと考えている時点で大きな間違い。

非難や差別を恐れて体調が悪化しても検査を受けるのを避ける人が増えれば、新型コロナはそれだけ静かに感染してゆくことになります。

現在、感染経路不明の新たな感染者が東京を中心に急増していますが、速やかに検査を受けられる体制とともに、感染を自業自得と非難・差別せず、感染者が抵抗なく名乗り出られる社会のあり方が必要です。

・関連記事
「極めて高額」「濃度低くて使えない」「返品不可」政府あっせんの消毒液で医療機関が悲鳴、アベノマスクと並ぶ愚策に | BUZZAP!(バザップ!)

妊婦向けアベノマスクの不良品検品に8億円の税金投入、不良品率は10%に | BUZZAP!(バザップ!)

【新型コロナ対策】イギリスでニュージーランドへの宣戦布告を求める声「開戦したらすぐに降伏して統治してもらおう」 | BUZZAP!(バザップ!)

「観客は無言で」「握手会はNG」「観客同士は1m離れる」ライブハウス新基準が大変なことに | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

社会に関連した楽天商品ランキング