Facebook広告ボイコットにスタバ・リーバイスも参戦、180を超える企業がヘイトスピーチ反対訴えて

このエントリーをはてなブックマークに追加



SNS上でのヘイトスピーチを止めることを目的とした#StopHateForProfitというキャンペーンが多くの世界的な企業を巻き込んで世界的な動きへと発展しています。詳細は以下から。

◆「#StopHateForProfit」キャンペーンとは?
現在大きなうねりとなっているソーシャルメディアキャンペーン「#StopHateForProfit」にスターバックスコーヒー、リーバイス、そしてスミノフやタンカレー、ジョニーウォーカーといった有名ブランドのオーナーであるディアジオが参戦したことが明らかになりました。

このキャンペーンは全米黒人地位向上協会、ユダヤ人団体の名誉毀損防止同盟、ネット上での偏見や性差別をなくす活動組織「Sleeping Giants」、公民権擁護団体「Color of Change」、メディア民主主義運動を推し進める「Free Press」、子どものための安全なメディアをめざす「Common Sense Media」らによって6月17日に開始されたもの。

この運動は各企業に対してヘイトスピーチを放置するFacebook、およびその傘下にあるInstagramへの広告出稿停止を呼びかける、ある種の不買運動です。

◆なぜこの運動は始まった?
この運動の発端のひとつはジョージ・フロイド殺害への抗議者をトランプ大統領がTHUGS(ちんぴら、悪党)と侮蔑した上で、「when the looting starts, the shooting starts」という1967年にマイアミ市警本部長が公民権運動のデモに参加した黒人の市民らを脅すのに使ったのと同じ言葉でけん制したこと。


ツイッター社は「このツイートは、暴力の賛美についてのTwitterルールに違反しています。ただし、Twitterではこのツイートに公共性があると判断したため、引き続き表示できます。」としたものの、Facebookはこの投稿をそのまま放置し続け、大きな批判を浴びていました。


この運動にはすでにコカ・コーラ、ホンダ、ユニリーバ、パタゴニア、ノースフェイス、ハーシーズ、ベライゾン、ベン&ジェリーズ、マグノリア・ピクチャーズ、Mozillaといった世界的な企業が多数賛同し、Facebookを中心としたSNSへの広告出稿を停止していました。

◆Facebookが標的となった理由は?
FacebookのCEO、マーク・ザッカーバーグ氏は「Facebookが各々のユーザーがネットに投稿する『真実』の裁定者になるべきではない」として、上記のトランプ大統領のFacebookへの投稿を放置し、ヘイトスピーチの規制に極めて消極的な姿勢を見せていました。

しかしこのキャンペーンによってFacebookの姿勢に批判が集中。これによりFacebookの株価が8%下落し、同氏の資産も推定70億ドルが消滅するに至り、ヘイトスピーチやフェイクニュースを含む有害なコンテンツへの対策を発表する事態に追い込まれました。

ただし、その対策が限定的なものであったことから、同運動はアメリカ合衆国外に向けた広告に対しても出稿停止を呼びかけていくとのこと。

同様の運動は日本ではYouTubeに関してすでに起こっており、この際は数多くのヘイトスピーチを投稿したアカウントが永久BANとなりました。今回の運動はFacebookをはじめとした各SNSがヘイトスピーチを駆逐するきっかけとなるのでしょうか。

・関連記事
「ヘイトスピーチ禁止」明示のYouTubeで差別動画削除が急加速、たった2週間で1000チャンネル・50万本以上に | BUZZAP!(バザップ!)

「フェイクニュースやヘイトスピーチはネットから排除を」公取委員長が巨大IT企業に要望 | BUZZAP!(バザップ!)

「警察に突き飛ばされた抗議デモの老人はアンティファ工作員で、警察無線を妨害しようとしていた」トランプ大統領の陰謀論が個人攻撃に | BUZZAP!(バザップ!)

トランプ大統領のツイートを一字一句「パクツイ」する実験アカウント、わずか3日で「暴力を賛美」で凍結 | BUZZAP!(バザップ!)

【追記あり】暴動を扇動したアンティファのアカウントは白人至上主義者のなりすまし、米ツイッター社が暴露 | BUZZAP!(バザップ!)

世界を蝕む「フェイクニュース」、ロシアのサイバー工作に見るその目的と勝利条件 | BUZZAP!(バザップ!)

あからさまな失言やデマを垂れ流す政治家はなぜ増えたのか、おぞましいカラクリが仕組まれた「日本型フェイクニュース」の闇 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

海外に関連した楽天商品ランキング