高須院長の「大村知事の不信任決議を求める請願」を愛知県議会が一蹴、全員一致で不採択に

このエントリーをはてなブックマークに追加



当然といえばあまりにも当然ですが、請願は全員一致の不採択となりました。詳細は以下から。

愛知県の大村秀章知事の解職請求(リコール)運動を進めていた高須クリニックの高須克弥院長が7月2日、愛知県議会の委員会で大村知事の「不信任決議」をするよう議員に直接訴えましたが一蹴されました。

高須院長は芸術祭あいちトリエンナーレ2019の企画展表現の不自由展・その後に「昭和天皇の肖像を使った創作物を燃やす映像作品」などがあったことを問題視。

6月17日に税金支出は県民への裏切り。議会も不信任の気持ちは同じだと思う。誰かが火を付ける必要があるとして大村知事の不信任決議を求める請願書を愛知県議会に提出していました。

2日の議会運営委員会でこの請願が取り扱われ、高須院長は「大村知事はあいちトリエンナーレの開催で日本を愛する人々を深く傷つけた」と主張して、不信任決議をするよう要求。

ですが、出席した議員らからは「トリエンナーレには多くの問題があったが、この案件だけで信任・不信任を決めるべきではない」という意見は出されたものの、結局のところ全員一致で請願は不採択となりました。

高須院長は初めからこういう結果になるだろうということは思っていたんですけど、活発な討論が少しは行われるかと思ったら全くなしで。これが民主主義かなと思うとすごく悲しいと述べています。

ですがこのような請願であっても、提出されれば議会で正式に取り扱われるという事実は堂々たる民主主義と言えそうですが…。

◆「昭和天皇の肖像を使った創作物を燃やす映像作品」とは?
高須院長をはじめ、大村知事のリコールを叫んでいる面々は当該作品の「一部だけを都合よく切り取って」非難の材料にしています。では「昭和天皇の肖像を使った創作物を燃やす映像作品」とはいったいどんなものだったのでしょうか?

槍玉に挙げられているのは大浦信行さんの映像作品「遠近を抱えて PartII」。なお、ここに天皇制への批判がまったくないことは大浦さん本人も明言しています。毎日新聞のインタビューでは

天皇が燃えているシーンは新作映画の方に入っています。これは昭和天皇の肖像といいますか、私が1986年に富山県立近代美術館の展覧会に自画像として出した、天皇のコラージュを含む版画「遠近を抱えて」の一部が燃えているものです。

と答えています。これは、富山県立近代美術館事件として知られる表現の自由を巡る極めて重要な事件に関するもので、artscapeでは以下のように説明されています。

富山県立近代美術館の企画展「とやまの美術」(1986)に招待された美術家の大浦信行が、1982年から85年にかけて昭和天皇の図像を部分的に引用して制作した版画連作《遠近を抱えて》全14点が、同展終了後に県議会の教育警務常務委員会で議員によって「不快」と糾弾されたことをきっかけに、右翼団体による抗議活動を招き、これらを受けた同館が同作の非公開と売却を決定し、なおかつ同展の図録を焼却した事件。

富山県立近代美術館事件 _ 現代美術用語辞典ver.2.0より引用)

つまり、大浦さんの作品が右翼議員や右翼団体によって「不快」と抗議されて美術館が同作の展示を取りやめて売却。そしてここが重要ですが、美術館は「当の昭和天皇の肖像画が含まれる図録」を焼却処分にしたのです。

つまり「遠近を抱えて PartII」は表現の不自由展という場の中で「いったい最初に昭和天皇の写真を焼いたのは、そして焼かせたのは誰か」を問うていることになります。

大浦さんの考えと上記事件についてはVICEの動画でのインタビューが秀逸なため、こちらも併せてご覧いただくとより理解が深まります。

・関連記事
『あいちトリエンナーレが国民の心情傷付けた』謎の団体「日本国史学会」の声明を産経が報道→大村知事リコールを訴えるタレント・竹田恒泰さんらの集団でした | BUZZAP!(バザップ!)

【コラム】あいちトリエンナーレの補助金支給撤回は何が問題なのか、反応をまとめてみた | BUZZAP!(バザップ!)

毎年「あいちトリエンナーレ」を見に行っている異世界住人が多数観測されてしまう | BUZZAP!(バザップ!)

タレントの竹田恒泰氏「歴史学者は極左集団」「歩いてたら後ろから蹴り入れといていいぐらい」→皇太子さまは歴史学者です | BUZZAP!(バザップ!)

タレントの竹田恒泰氏「私の差別発言を10個挙げないと訴える」→さっそく振り返ってみました | BUZZAP!(バザップ!)

差別動画で荒稼ぎしていたタレント・竹田恒泰氏らのYouTube公式チャンネル相次いで閉鎖、数万本規模で動画が削除される | BUZZAP!(バザップ!)

タレントの竹田恒泰氏「聖徳太子は中国皇帝とのやりとりに日本の元号を使った、外務省こそ元号を重んじろ」→聖徳太子の時代に元号はありません | BUZZAP!(バザップ!)

「鼻クソの刑を執行」タレントの竹田恒泰氏がサンフランシスコの慰安婦像への狼藉をツイート | BUZZAP!(バザップ!)

タレントの竹田恒泰氏が夫婦別姓問題でトンデモツイート連発、無知を積極的にさらけ出す | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

社会に関連した楽天商品ランキング