ネット誹謗中傷で電話番号開示し投稿者特定へ、総務省が抑止策提示

このエントリーをはてなブックマークに追加



誹謗中傷対策に電話番号開示とのことでですが、どこまで抑止力となるでしょうか。詳細は以下から。

総務省が7月10日、ネット上で匿名による誹謗中傷を受けた被害者が投稿者を特定するための制度見直しを論じる有識者会議を開き、中間報告案を提示しました。

報告案では投稿者の電話番号の開示対象への追加、迅速な情報開示を可能とする裁判手続きの新制度創設の検討などを盛り込んでいます。

これらは誹謗中傷の被害者救済と不適切な投稿の抑止の双方を見据えた案で、今後国民からの意見募集を経て正式決定するとのこと。

特に電話番号の追加は省令改正によって速やかに実施する方針となっています。裁判手続きの新制度は今後詳細を詰めて11月に最終報告を取りまとめます。

ネットで反撃されないと思って誹謗中傷を繰り返していたら、ある日突然直電で詰められる社会になるかもしれません。

・関連記事
誹謗中傷する発信者特定の制度改正が年内取りまとめへ、監視や言論弾圧への不安も | BUZZAP!(バザップ!)

「安保反対デモの規模小さくしたかった」と他人の娘の写真を無断転用したデマ投稿者、特定され示談で謝罪 | BUZZAP!(バザップ!)

熊本地震直後に「ライオン逃げた」とデマツイートした佐藤一輝容疑者が逮捕される | BUZZAP!(バザップ!)

顔を隠しても無駄!「歩き方」から個人を特定できる監視システムが爆誕 | BUZZAP!(バザップ!)

安倍首相のツイッターアカウント、菅元首相への福一事故海水注入中断デマ訴訟に「代替的真実」で勝利宣言 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

社会に関連した楽天商品ランキング