トランプ大統領「アメリカで最も新型コロナ検査を受けている男」に、なんと1日に複数回検査

このエントリーをはてなブックマークに追加



新型コロナウイルスに対して迷走を続けてきたアメリカ合衆国のトランプ政権。ですが誰よりも新型コロナを恐れていたのは実はトランプ大統領その人だったのかもしれません。詳細は以下から。

◆トランプ大統領が「アメリカで最も新型コロナ検査している男」に
アメリカ合衆国のケイリー・マケナニーホワイトハウス報道官が、トランプ大統領が1日に複数回にわたって新型コロナの検査を行っていることを明らかにしました。

マケナニー報道官によると「トランプ大統領はアメリカ合衆国で最も新型コロナ検査を受けている人物だ」とのこと。


◆迷走を続けてきたトランプ大統領の新型コロナ対策
トランプ大統領はこれまで新型コロナが「奇跡のように消える」と軽視し、マスクも長く着用してきませんでした。

ですがトランプ大統領の支持者らがマスク不着用の権利を訴え、その後感染率が高まるに至って自らマスクを着用。ソーシャル・ディスタンスが取れない場合、マスクをするのは愛国的だと発言を翻しました。

またトランプ大統領はアメリカ合衆国での新型コロナの致死率が「世界最低レベル」であるなどと吹聴してきていました。

これに保守系ニュースとして名高いFOXニュースの重鎮クリス・ウォレス氏がデータを挙げた上でこれに反論した際には「フェイクニュース」だと逆ギレしています。

ウォレス氏が再度ジョンズ・ホプキンズ大学の分析をもとに「アメリカの死亡率は世界で7番目に高く、たった1日で900人が死んでいる」と再反論した際にも「君はアメリカの致死率が世界最悪だと言うが、アメリカの致死率は世界で一番ましだ」などとさらにキレ散らかす始末。

ですが7月21日になって突然状況は良くなる前におそらく悪くなる。言いたくないがこれが現実だと弱気な発言を始めています。

加えて新型コロナを「中国ウイルス」と呼んで中国の初期対応の悪さを攻撃してきましたが、同じ21日に国内向けのワクチンで中国と協力について問われた際にはわれわれに良い結果をもたらしてくれるなら、誰とでも協力したい考えだと手のひらを反すなど、終始ちぐはぐな対応が続いてきました。

もちろんこれらは11月のアメリカ合衆国大統領選挙のための支持固めの一環として見ることが可能です。

新型コロナよりも経済を前のめりで優先し、経済戦争の相手国である中国を非難し、マスクを付けずマッチョな姿勢を示すことは、これまでのトランプ支持層へのウケを狙ったものであることはこれまでも各所で指摘されています。

ですが、ふたを開けてみれば実はトランプ大統領が誰よりも新型コロナに敏感になり、国で一番新型コロナの検査を受けていたということに。この事実、支持者にはどのように受け止められることになるのでしょうか。

・関連記事
「警察に突き飛ばされた抗議デモの老人はアンティファ工作員で、警察無線を妨害しようとしていた」トランプ大統領の陰謀論が個人攻撃に | BUZZAP!(バザップ!)

ミネアポリス暴動での略奪に市外からの白人至上主義組織が関与、州当局が指摘 | BUZZAP!(バザップ!)

【追記あり】暴動を扇動したアンティファのアカウントは白人至上主義者のなりすまし、米ツイッター社が暴露 | BUZZAP!(バザップ!)

トランプ大統領のツイートを一字一句「パクツイ」する実験アカウント、わずか3日で「暴力を賛美」で凍結 | BUZZAP!(バザップ!)

米ミネアポリスで大規模な暴動、白人警官が黒人男性を踏み殺した事件を発端に | BUZZAP!(バザップ!)

世界を蝕む「フェイクニュース」、ロシアのサイバー工作に見るその目的と勝利条件 | BUZZAP!(バザップ!)

あからさまな失言やデマを垂れ流す政治家はなぜ増えたのか、おぞましいカラクリが仕組まれた「日本型フェイクニュース」の闇 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

海外に関連した楽天商品ランキング