日本人口11年連続減で50万人超減少、減少数・減少率ともに過去最大で少子高齢化歯止めかからず

このエントリーをはてなブックマークに追加



日本人の減少に歯止めがかかりません。詳細は以下から。

8月5日に総務省が発表した住民基本台帳に基づく人口動態調査によると、2020年1月1日時点の国内の日本人は1億2427万1318人となり、調査開始以来最大となる前年比50万5046人減少しました。マイナスとなるのは11年連続で、減少率も0.40%と過去最大となっています。

47都道府県中これまでで最も多い44道府県で人口が減少しており、増加したのは東京、神奈川、沖縄の3都県のみ。これまで増加していた埼玉、千葉もマイナスに転じており、一極集中が叫ばれてきた首都圏でも人口減少が進んでいる様子が分かります。

また0歳から14歳までの年少人口は1528万7153人で12.30%、15歳から64歳までの生産年齢人口は7367万6767人で59.29%となりいずれも減少。一方65歳以上の老齢人口は増加して3530万7386人で28.41%。2015年に年少人口の2倍を超え、毎年増加し続けています。

日本の少子化若者の貧困化出産・育児への社会保障不足などが大きな原因であることはBUZZAP!では繰り返し報じてきましたが、新型コロナの影響でこの傾向がさらに加速する恐れもありそうです。

・関連記事
令和元年の出生率1.36で4年連続減少、12年ぶりの低水準で「令和ベビーブーム」は完全な不発に | BUZZAP!(バザップ!)

19年出生数が前年比5万人減の86万人台に急落、予測の2年前倒しで90万人を割った理由とは | BUZZAP!(バザップ!)

「子供を最低3人くらい産むように」桜田前五輪相の発言が「正解なのに大間違い」の理由 | BUZZAP!(バザップ!)

年収が低過ぎて恋愛も結婚もできない!若者の貧困で少子化のアクセル全開であることが判明 | BUZZAP!(バザップ!)

大阪府で戦後初めて人口減少、他の関西府県も軒並み減らす | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

社会に関連した楽天商品ランキング