ランサーズで「フェミニストが嫌い」「すでに男女平等なのに要求しすぎ」など、男女対立を煽るブログ記事が1本648円で募集される

このエントリーをはてなブックマークに追加



野党を叩き嫌韓を煽るブログ記事やYouTube動画が1本数十円で大量生産される温床となっていたクラウドソーシングサイト。

政治的な偏向や外国人に対する差別意識をもたらす内容の募集は禁じられましたが、今度は男女対立を煽る内容に矛先が向いているようです。詳細は以下から。

これがその募集。大手クラウドソーシングサイト「ランサーズ」で行われたもので、『「フェミニストが嫌い」「男女平等の主張が苦手」な人向けの共感してもらえる記事の執筆依頼キャッシュ)』と題されています。


内容は「完全に平等な男女平等なんて成り立たないのに男女平等を叫ぶひとは苦手だ」「フェミニストの強すぎる主張が嫌い」「男女平等はもうすでに確立されてるのに要求しすぎ」などと考える人に向けたもの。なんと当事者でなくとも書いていいとされています。


フェミニスト・男女平等の主張が嫌いな人に共感される3000文字程度の体験談が求められ、報酬は1記事あたり648円とあまり割の良くない内容ではあるものの、すでに5人以上が受注していた今回の募集。

8月6日18時現在、「利用規約・仕事依頼ガイドライン細則違反のため」として削除されていますが、嫌悪感や差別感情を喚起し、対立を煽る記事をアウトソーシングする流れは今なお続いているようです。

・関連記事
野党を叩き嫌韓を煽るブログ記事やYouTube動画、1本数十円のクラウドソーシングで大量生産されていた | BUZZAP!(バザップ!)

「記事を削除しなければ訴訟」netgeek編集部を名乗る匿名の人物からBuzzap!編集部に怪メールが届きました | BUZZAP!(バザップ!)

自称・ITビジネスアナリスト深田萌絵さんの「シャープの家電すべてにカメラ」発言の嘘を指摘→業務妨害と名誉毀損されました | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

社会に関連した楽天商品ランキング