吉村知事がコロナ対策で薦めた「イソジン」の塩野義製薬、大阪ワクチンや大阪万博にも深く関与していた

このエントリーをはてなブックマークに追加



「イソジン吉村」というニックネームがツイッターでトレンド入りするほどに大きな話題となり、日本全国の薬局からうがい薬を消滅させた維新の会の吉村知事の会見。

その内容の酷さについては前記事でも詳しく指摘したため再びここでは論じませんが、会見で薦められたポビドンヨード入りうがい薬「イソジン」を製造する塩野義製薬と大阪には深い繫がりがあることが分かりました。詳細は以下から。

まずは事実関係を確認してみます。吉村知事のニックネームにもなった「イソジン」ブランドのうがい薬を2016年8月から販売しているのは塩野義製薬です。


そして吉村知事が今年の春に大々的に宣伝した「大阪ワクチン」の開発で知られるアンジェスの大株主は塩野義製薬です。


さらに、大阪維新の会が鳴り物入りで誘致し、力強くアピールしている2025年の「大阪万博」のスポンサーにも塩野義製薬が名を連ねています。


大阪の産業振興を目指す「大阪商工会議所」の副会頭は塩野義製薬の手代木功社長です。


加えて、大阪府は2017年1月に塩野義製薬株式会社と「子どもの未来支援」に関する事業連携協定を締結する関係でもあります。


吉村洋文大阪知事が8月4日の会見で、うがい薬の成分「ポビドンヨード」が新型コロナの重症化を防げる効果を確認したと発表した際、ずらりと並んだうがい薬の中にはもちろんイソジンがあります。


この会見に対しては大阪府保険医協会大阪府歯科保険医協会が激怒し、声明を発表しています。特筆すべきはその中で「関連会社の株価が急騰し、インサイダーを疑う声が出ても仕方がないことである」と指摘していること。


疑念の声はもちろんただの疑念に過ぎませんが、塩野義製薬の株価を見ると、会見のあった8月4日の午後には確かに買われています


100年に一度の疫病禍に不正確な情報で買い占めを誘発し、医療現場や社会全体を混乱に陥れた吉村知事の発言。

インサイダー取引が行われたとは断言できませんが、発言を受けて株価が動いた以上、(利害関係者かどうかは別として)一部の投資家が利益を得た可能性は十分にあります。

・関連記事
【追記あり】「ポビドンヨードが新型コロナに効く」吉村大阪知事の発言でイソジン買い占め、メルカリで高額転売も→事実上撤回へ | BUZZAP!(バザップ!)

経済優先の吉村知事「大阪いらっしゃい」「東京との往来、外出も大丈夫」→新型コロナ感染者が大阪で激増、今後GoToで加速へ | BUZZAP!(バザップ!)

百田尚樹の『エサでも投げられた』発言に激怒した橋下徹氏が「ボケッ!」と一刀両断、本の宣伝依頼があったことまで暴露 | BUZZAP!(バザップ!)

【新型コロナ】安倍首相が記者会見せず「雲隠れ」している様子が一目で分かるグラフ登場、第二波到来も臨時国会は召集せず | BUZZAP!(バザップ!)

「新型コロナでも経済優先」やはり間違い、ノーガードで「集団免疫」目指したスウェーデンが死亡率最悪で経済も落ち込み抗体も獲得できず | BUZZAP!(バザップ!)

大阪の新型コロナ「陽性率」急上昇で東京に肉薄、新規感染者数だけで「東京ほど流行していない」と判断するのは危険です | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

社会に関連した楽天商品ランキング