「ウィズコロナ東京オリンピック会議」政府主導で9月に爆誕へ

このエントリーをはてなブックマークに追加



新型コロナの感染拡大を終息させられなくとも、政府は東京オリンピックを開催するつもりのようです。詳細は以下から。

2021年の東京オリンピック・パラリンピックを「ウィズコロナ」の状態で実現するための新たな会議を政府が9月に立ち上げることをFNNが報じています。

新型コロナ対策の調整を目的とする「ウィズコロナ東京オリンピック会議(仮)」は杉田官房副長官をトップとし、政府と東京都、組織委員会が参加するとのこと。

この会議では、新型コロナの感染が終息しない「ウィズコロナ」の状況下での東京オリンピック開催を前提に、外国人選手の入国や行動の制限緩和措置、イベントの規模縮小などが議論される見通しです。

新型コロナのパンデミックが終息しなければ、東京オリンピックは当然中止になるものと世界中の誰もが考えていましたが、日本政府はその状態でもあくまで開催する構えを明らかにしたことになります。

もちろん日本政府が開催を断行したところで日本以外の国がどのような対応をとるかは未知数で、参加国が過去最低になる可能性もあります。

少なくとも日本国内での感染拡大を「アンダーコントロール」と呼べる状態にする必要がありますが、残念ながらそのめどは現時点では全く立っていません。

もちろん連日の猛暑を見れば、暑さ対策が不十分であることは間違いありませんし、東京湾うんこまみれ問題もいまだ解決していません。これに新型コロナという脅威が上乗せされることになり、文字通り人の生き死にに関わる問題となります。

・関連記事
東京オリンピック組織委員会、追加費用対策で「コスト削減」強く訴えるも自らの役員報酬(年間2400万円)はそのまま | BUZZAP!(バザップ!)

「五輪再延期絶対ない」森会長が断言、中止の可能性高まる | BUZZAP!(バザップ!)

東京五輪暑さ対策は予算2.5倍の100億円超へ、「1300トンの氷で冷やす」「アイスクリーム配布」「乾杯コール」など斬新なアイディアも満載 | BUZZAP!(バザップ!)

【コラム】「東京湾うんこまみれ問題」はどれだけ根深く深刻なのか、13年前から指摘も【東京オリンピック】 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

社会に関連した楽天商品ランキング