iPhone SE(第2世代)「一括1円」をめぐるauとドコモの仁義なきバトル、8月末までと案内される



4月に発売されたばかりの「iPhone SE(第2世代)」をめぐって、大手携帯会社が熾烈なバトルを繰り広げていますが、少しだけ気になる情報があります。詳細は以下から。

まずは今月上旬にお届けした情報をおさらい。Buzzap!編集部に読者から提供された情報によると、現在大手家電量販店でドコモとauが「iPhone SE」を一括1円で販売しているそうです。

まずはドコモ。他社3Gケータイ、スマホからのMNPユーザーを対象に64GBモデルが一括1円で販売されています。


そしてau。他社3GケータイなどからのMNPだけでなく、機種変更ユーザーに対しても一括1円で販売されているため、ドコモより好条件です。


iPhone SEは最大輝度650nitの4.7インチHD(1334×750)IPS液晶にiPhone 11と同じ「A13 Bionic」チップ、1200万画素広角背面カメラ、700万画素前面カメラ、ワイヤレス充電、Felicaを備えた防水防塵(IP67等級)モデル。平たく言うと最先端性能に生まれ変わったiPhone 8です。


これを機にスマホへ変えてみるのも十分アリだと思われる今回のキャンペーン。一部店舗で8月末までと案内されているため、注意が必要です。


もちろん9月以降も格安販売が続く可能性はあるものの、新型iPhoneの発売が近づいているだけに読めないのが現状。もし検討しているのであれば、決断は早いほうが良さそうです。

・関連記事
1万円台でCore i7搭載の超小型デスクトップPC復活、超コスパで大人気の1台 | BUZZAP!(バザップ!)

【大人気】「ZenFone 5」大幅値下がりで1万5000円に、本格カメラやAIを使った各種機能搭載のかなり使えるSIMフリー格安スマホ | BUZZAP!(バザップ!)

人気格安スマホ「Xiaomi Redmi Note 9S」大幅値下がり、大容量モデルや上位機種「Xiaomi Redmi Note 9 Pro」も2万円に近づく | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 【速報】「iPhone SE一括1円」ドコモ、au、ソフトバンクがiPhone 13発売後も続行へ、「iPhone 12 mini」も格安に
  2. Xiaomi「POCO F3」再び値下げ、10万円級の性能が価格1/3でiPhone 13 Pro Maxと同じ大画面120Hz有機ELや立体音響、大容量バッテリー、液冷機構搭載の格安スマホ
  3. iPad Air対抗の新型タブレット「Teclast T40 Plus」1万円台に値下げ、8GBメモリや4スピーカー採用でゲームや動画視聴、カーナビ用途など大活躍
  4. 「iPhone 13」はauにMNPして基本料0円の「povo 2.0」契約が最安に、ドコモやソフトバンク、楽天モバイルと比べてみた
  5. Xiaomi「POCO X3 Pro」大幅値下げで2万円台の格安スマホ決定版に、120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー採用のハイエンドモデル

モバイルに関連した楽天商品ランキング