杉田水脈議員、性被害者蔑視発言の指摘に「『女性はいくらでもうそをつけます』なんて言ってない」→うそでした

このエントリーをはてなブックマークに追加



与党所属の国会議員のはずですが、公的な場で大勢が聞いていた発言を「言っていない」とうそをつき、即刻バレるという醜態をさらしています。詳細は以下から。

◆杉田議員、性暴力被害者に関し「女性はいくらでもうそをつけますから」と発言
自民党の杉田水脈衆院議員が9月25日の党の内閣第一部会などの合同会議において、女性への暴力や性犯罪に関して「女性はいくらでもうそをつけますから」と発言したことを共同通信社が伝えています。

杉田議員は会議の中で来年度予算の概算要求を受け、女性への性暴力に対する相談事業について、民間委託ではなく警察が積極的に関与するように主張。

その際に女性に対する暴力や性犯罪に対して「女性はいくらでもうそをつけますから」と、被害の虚偽申告があるかように受け取れる発言をしていました。

杉田議員は会議後に記者団に対して「そんなことは言っていない」と発言を否定。ですが、会議に参加した複数の関係者から杉田氏の発言は確認されており、自らのうそが一瞬でバレた形となっています。

◆杉田議員は性犯罪被害に何を言ってきたのか
なお杉田議員は先月、山口敬之からの性暴力被害にあったジャーナリストの伊藤詩織さんから、自分を中傷するツイートに繰り返し「いいね」を押したことで名誉を傷つけられたとして220万円の損害賠償を求めて提訴されています。

なお、杉田議員の伊藤詩織さんに対しての言動はこの「いいね」の件だけにはとどまりません。

。こちらは「表現の拙さゆえに、結果的にそう受け止められる発言をした」「貶めるつもりはなかった」と杉田議員が釈明した伊藤詩織さんに関するツイートですが、あたかも「被害者に落ち度があった」かのような発言です。


こちらはまともな読解力の持ち主なら『杉田議員がまるで伊藤さんが自分から誘ったかのように決めつけ「恥ずかしい」「情けない」などと貶めた』と受け止めるしかない文章で、誤解を挟む余地がありません。


つまり、杉田議員はこれまでも性犯罪被害者に対して落ち度を探して叩いてきた人物であり、結果的に訴訟にまで発展しているのが現状です。

ある意味、伊藤詩織さんに提訴されたことへの「意趣返し」と指摘されても致し方ないタイミングでの今回の発言。

その内容が性犯罪被害者への蔑視であることにとどまらず、与党議員が党の会議という公的な場で、2秒でバレるうそをついて逃げようとして大失敗という極めて恥ずかしい事態となっています。

自分がすぐにバレるうそを平気でつけるから、すべての女性もそうだと勘違いしてしまったのでしょうか。

・関連記事
杉田水脈議員、伊藤詩織さん中傷で提訴される | BUZZAP!(バザップ!)

杉田水脈議員が伊藤詩織さん中傷に関して「表現の拙さゆえに、結果的にそう受け止められる発言をした」「貶めるつもりはなかった」と釈明した発言内容をごらん下さい | BUZZAP!(バザップ!)

杉田水脈議員が「伊藤詩織さん中傷」「同性愛の子どもの自殺率」などに満面の笑顔を浮かべる様子をごらん下さい | BUZZAP!(バザップ!)

【コラム】新潮45「生産性」から1年、杉田水脈議員はLGBTに何をしてきたかまとめてみた | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

社会に関連した楽天商品ランキング