【ネット工作】自民党・河井克行元法相が「対立候補の批判」を業者へ依頼、投稿内容まで具体的に指示していた

このエントリーをはてなブックマークに追加



かつてクラウドソーシングサイト上で頻繁に行われていた、嫌韓を煽ったり野党を批判するブログサイトの運営管理や動画の作成

同じような依頼を現在大規模買収事件で、公選法違反罪に問われている自民党の河井克行元法相その人が行っていたことが明らかになりました。

中国新聞によると、これは河井元法相パソコンの「買収リスト」を復元不可能状態にして消去する依頼を受けたインターネット業者が公判で明らかにしたもの。

この業者は以前から河井元法相のウェブやSNS業務を担当しており、同事件で逮捕され裁判中の妻、河井案里被告が出馬した参院選時には「架空の人物を名乗り、案里被告と争っていた自民党現職の溝手顕正氏を批判するブログを作成」するよう河井元法相から指示を受けたとしています。

しかも「投稿内容も克行被告から具体的な指示があった」とのことで、本人の関与が指摘されています。

これまでは主にPV狙いの業者が匿名で依頼していたと思われていた「ネット工作」を、与党自民党の現職議員が直接行っていたことが公判という司法の場で確認されたことになります。

・関連記事
野党を叩き嫌韓を煽るブログ記事やYouTube動画、1本数十円のクラウドソーシングで大量生産されていた | BUZZAP!(バザップ!)

【追記】デマ・曲解で野党を叩く「DAPPI(%40take_off_dress)」は会社組織が運営か、平日8~21時の完全シフト制に | BUZZAP!(バザップ!)

ランサーズで「フェミニストが嫌い」「すでに男女平等なのに要求しすぎ」など、男女対立を煽るブログ記事が1本648円で募集される | BUZZAP!(バザップ!)

日本青年会議所(JC)のネット工作完全確定、「宇予くん」デザイン発注者は憲法改正推進委員会の委員長でした | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

社会に関連した楽天商品ランキング