健康保険証の発行停止を自民が提言へ、マイナンバーカード普及のための「人質」に

このエントリーをはてなブックマークに追加



マイナンバーカード普及のために健康保険が「人質」にとられるようです。詳細は以下から。

下村博文政調会長を本部長とする自民党のデジタル社会推進本部の第1次提言案でマイナンバーカードと健康保険証の一体化に際し、移行を促すために現行の健康保険証の発行停止を検討するよう求めることが明らかになりました。

2021年3月からマイナンバーと保険証をひも付けて医療機関や薬局がカードで患者の本人確認ができるようになりますが、健康保険法施行規則によってそれ以後も健康保険組合に保険証の発行義務が残ります。

ですが健康保険証が残ってしまうとマイナンバーカードへの移行が進まない可能性があるため、組合の保険証の発行義務を緩和し、将来的には発行を停止して移行せざるを得ない状況を作り出したい考えです。

誰もが病気や怪我をする可能性はあるため、マイナンバーカードがなければ健康保険を使って医療を受けられないとなれば事実上の取得強制ということになります。

マイナンバー自体は「絶対他人に知られてはいけない固有の番号」であったはずですが、スマホや運転免許証との一体化も行われることになっており、使う場面がなし崩し的に拡大されてきています。


マイナンバーに関してはこれまでもすでに流出や漏洩も発生しており、管理する公的機関のセキュリティが信頼できないことも現状では普及が足踏みする大きな原因となっています。

こうした状況を改善せず無理矢理取得せざるを得ない状況となれば、個人情報を国に一手に管理される上に、それが漏れ放題という極めて危険な事態となってしまいそうです。

・関連記事
マイナンバーカード、2022年にもスマホ搭載へ | Buzzap!

マイナンバーカードがスマホ搭載へ、本人確認は「暗証番号ではなく生体認証」採用へ | Buzzap!

マイナンバーカードがついにスマホ・免許証と一体化へ、「絶対誰にも知られてはいけない番号」という設定が完全崩壊 | BUZZAP!(バザップ!)

「マイナンバー銀行口座ひも付け法案」を自公維が提出、来年には最低1口座のひも付け義務化へ | BUZZAP!(バザップ!)

【悲報】杉田水脈議員、マイナンバー制度を理解せず「(新型コロナの)現金支給にはカードが必要」とデマを振りまく | BUZZAP!(バザップ!)

数百億の税金を投じるマイナンバー連携の「マイナポータル」、iPhoneなど6割以上のスマホが非対応に | BUZZAP!(バザップ!)

マイナンバーカードが全病院で保険証に、民間サービスでの利用も積極推進へ | BUZZAP!(バザップ!)

さいたま市委託分のマイナンバー等58万件も流出、国税庁委託と同一業者が違法に再委託 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

社会に関連した楽天商品ランキング