国連が大麻を「最も危険な薬物」ランクから削除、大幅引き下げを決定

このエントリーをはてなブックマークに追加



国連が大麻の扱いを「最も危険な薬物」から大転換する決定を行いました。詳細は以下から。

国連の麻薬委員会(CND)は12月2日、大麻をこれまでの「最も危険な薬物」のランクから大きく引き下げる決定をしました。

この決定は世界保健機関(WHO)の一連の提案を受けたもの。その中で最も重要とされた、1961年採択された麻薬に関する単一条約で「Schedule IV」に認定された大麻の、同ランクからの削除が行われました。

「Schedule IV」には他にヘロインなどのハードドラッグが含まれており、「依存性が高く、乱用の危険が大きい」だけでなく、「特に有害性が強く、医療的あるいは治療的価値は極めて限定的」とされるもの。大麻はおよそ60年を経てこのランクから初の除外措置となりました。

もちろん大麻の法規制は各国政府が決定するため、今回の国連麻薬委員会での決定によって即座に世界の大麻事情が変わることはありません。

ですが、今回の引き下げによって大麻の医療や学術上の研究はより実行しやすくなり、大麻の合法化をめぐる各国の動きにも大きな影響を与えることになります。

・関連記事
レクリエーション目的の大麻がアメリカ合衆国4州で合法化、総人口の1/3にまで合法化州が拡大 | Buzzap!

新型コロナの死因となる重篤な肺炎に大麻の有効成分「THC」が効果、動物実験で100%が生存 | Buzzap!(バザップ!)

大麻から抽出される「CBD」に1滴で脳の血流を増大させる効果、記憶力の強化も | Buzzap!(バザップ!)

大麻を全米で合法化する包括的法案、下院司法委員会で承認 | Buzzap!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

海外に関連した楽天商品ランキング