【?】「逆ギレは最も反省している態度」萩生田文科相が森会長をアクロバティック擁護



果たして日本の教育のを司る文科省の最高責任者として、全国の子ども達にそう教えられるのでしょうか。詳細は以下から。

萩生田光一文部科学相が2月9日の閣議後の記者会見で、東京五輪組織委の森喜朗会長が女性蔑視発言の謝罪会見で記者に逆ギレしたことに対し、アクロバティック過ぎる擁護を展開しています。

萩生田文科相は『反省していないのではないか』という識者の意見もあるが、森氏の性格というか、今までの振る舞いで、最も反省しているときに逆にあのような態度を取るのではないかと発言し、森会長の逆ギレが「最も反省している態度」であると擁護しています。

加えて「不適切な発言だったが、謝罪、撤回し、反省している。オリンピックをどうしたら成功に導くことができるのか、皆で知恵を出すべきだ」と指摘しました。

そのためにもオリンピック精神に反する森会長は辞任すべきとの声も上がり始めていますが、森会長の進退に関しては「人心一新したら組織が活性化して(準備が)加速するのかというと、そこはちょっと分からない」と明言を避け、逃げの姿勢に終始しています。

謝罪や反省は上っ面の言葉だけでなく、態度でしっかり表さなければ認められないことは小学生でも分かる話ですが、日本の教育のトップを務める文科相の目からはあの「逆ギレ」が「最も反省している」態度と映っていることになります。

今後の日本は上司や取引先に叱られて逆ギレしても、「これが自分の最も反省している態度」だと言い張れる社会になるのかもしれません。

・関連記事
「男女を分けて考える習慣は日本人の本音だが時代遅れ」経団連会長が森会長を事実上批判 | Buzzap!

【コラム】森会長に代わる人材が日本に誰もいないと明らかに、自民・世耕氏が五輪のために強く続投要求 | Buzzap!

「『女性が多いと会議が長い』は各競技団体から上がってきた話」森会長が「謝罪会見」で全方位にガソリンをぶちまけてしまう | Buzzap!

「女性の数だけを増やすのは考えもの」森会長が女性蔑視発言への釈明でさらなる燃料を投下 | Buzzap!

森会長の女性差別発言、世界各国のメディアからボロクソに糾弾される事態に | Buzzap!

【コラム】五輪開催「一番大きな問題は世論」森会長が日本国民の8割超を「敵視」してしまう | Buzzap!

東京五輪開催「安心安全の基準はない」森喜朗会長発言のはらむこの上ない危険 | Buzzap!

「東京五輪は何が何でも絶対やる、日本国民は辛抱しろ」IOCバッハ会長が要求 | Buzzap!

「東京五輪は中止内定、日本政府はメンツ保つ理由を探してるだけ」英タイムズ紙が与党幹部の見解を報道 | Buzzap!

五輪組織委「財政難で医療ボランティアに報酬出せない」→高額な役員報酬(年間2400万円)はそのままでした | Buzzap!

【電通案件】東京五輪の開閉会式予算165億円に、「延期に伴う簡素化」の結果なぜか35億円増 | Buzzap!

東京五輪の外国客「アプリ管理」のみで大規模受け入れへ、14日隔離もワクチンも不要で交通機関利用も無制限の方針 | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

社会に関連した楽天商品ランキング