兵庫県知事の「うちわ配布」中止に、神戸市などがブレーキ

このエントリーをはてなブックマークに追加



ギリギリのところで日本中に恥を晒さずに済むことになりました。詳細は以下から。

兵庫県の井戸敏三知事が4月14日、会食時の新型コロナ感染対策として打ち出した肝いりの「うちわ配布」を中止することを表明しました。

この計画は井戸知事が4月9日の記者会見で、「まん防」対象の神戸市など4市の飲食店約1万6000店に、それぞれ約20本ずつうちわを配布すると突然ぶち上げたもの。

井戸知事は「グループだと会話が弾む。扇子でもハンカチでも、なんらかの対策をしてもらえれば」として会食時にうちわで口を覆う「うちわ会食」を呼びかけましたが、当然大炎上。

「税金の無駄」「そんなんで感染が防げるか」「誰も止められないとか終わってる」といった批判がSNSで相次ぎ、同県の対策本部会議の専門家からも「まったく相談なく決まった」と独断専行が暴露されてしまいました。

うちわには約700万円の予算が投入される予定でしたが、13日には神戸市が「うちわを使って食事をすることが安全だというメッセージを与えかねず、かえって感染の危険性を高める可能性がある」と中止を申し入れていました。

新型コロナ流行開始から1年以上経って地方行政のトップがこの認識というのはなかなかにホラーな状況と言えそう。

そんな兵庫県は14日、初めて500人超える507人の新規感染者が出てており極めて深刻。予定どおり配布され、「うちわ会食」が流行っていたら取り返しがつかなくなっていた可能性もあります。

・関連記事
「緊急事態宣言の可能性検討を」尾身会長がようやく言及、大阪の感染爆発を受け | Buzzap!

【速報】大阪の新規感染者、1099人で過去最多を更新 | Buzzap!

【ファクトチェック】「大阪は感染抑えすぎたから変異株が急拡大」吉村知事が飛びついた珍説は正しいのか | Buzzap!

【?】「地域観光事業支援策は観光推進するものではない」赤羽国交相が断言 | Buzzap!

【追記あり】「ポビドンヨードが新型コロナに効く」吉村大阪知事の発言でイソジン買い占め、メルカリで高額転売も→事実上撤回へ | Buzzap!

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

社会に関連した楽天商品ランキング