「東京オリンピック中止」署名、2日で20万筆を集め海外でも報道

このエントリーをはてなブックマークに追加



日本国内の東京五輪中止を求める声が海外にまで届いています。詳細は以下から。

都知事候補にもなった元日弁連会長の宇都宮健児氏が5月5日正午に開始した「人々の命と暮らしを守るために、東京五輪の開催中止を求めます」とするオンライン署名が7日15時現在で20万筆を超えました。


宇都宮氏は「東京都のみならず、国内各地、さらには世界各国では今日に至るまで新型コロナ感染拡大はまったく止まっておりません」と述べ、「この状況で開催すれば、『平和の祭典』であるはずの五輪は、その理念から大いに逸脱する」として中止を求めています。

ロイター通信は「Anti-Olympics campaign gains traction online in Japan」という英語記事でこの署名を取り上げています。



記事では日本が第4波の真っ最中でワクチン接種も遅々として進まず、緊急事態宣言が延長される見込みであること、国内世論では五輪中止が多数派であることを紹介。

一方で、主催する東京都や組織委などは新型コロナ感染対策を明らかにしないまま開催へと突き進んでいると指摘しています。

・関連記事
「東京五輪参加での損失、傷害、損害にIOCや大会の責任は一切問わない」今週になってIOCが選手らに同意求める | Buzzap!

五輪選手優先の入院用病院30ヶ所確保へ、文字通りの「アスリートファースト」に | Buzzap!

五輪組織委が看護師500人を確保依頼、事前研修必須で現場負担増も | Buzzap!

ワクチンは五輪選手優先へ、高齢者接種期間に「割り込み」も | Buzzap!

外国籍五輪ボランティア500人特例入国へ→在外日本人ボラも入国可でした | Buzzap!

五輪組織委「財政難で医療ボランティアに報酬出せない」→高額な役員報酬(年間2400万円)はそのままでした | Buzzap!


東京オリンピック組織委員会の役員報酬は年間2400万円、ボランティアに自己負担を強いる一方で宿泊・交通費なども全額支給 |

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

社会に関連した楽天商品ランキング