愛知県大村知事リコール運動の署名偽造容疑で、田中孝博事務局長を逮捕



高須院長と河村名古屋市長が主導した愛知県の大村知事リコール運動。大量の署名が偽造される前代未聞の大事件となりましたが、ついに田中事務局長が逮捕となりました。

大村知事リコール署名運動での大量署名偽造事件で、愛知県警が5月19日、地方自治法違反(署名偽造)の疑いで、元減税日本県議で維新の会の愛知県第5選挙区支部長でもあったリコール活動団体事務局長の田中孝博容疑者を逮捕しました。

また東海テレビによると、愛知県警は偽造に関与したとみられる関係者らを19日に一斉に逮捕する方針とのこと。

◆田中事務局長ってどんな人?
Buzzap!では繰り返し指摘してきましたが、田中孝博事務局長は過去に愛知県議会議員を2期務めた経験を持ち、のちに維新の会愛知県第5区選挙区支部長、日本維新の会から次期衆院選への立候補も予定していた人物。今回の騒動が明るみに出た後に維新の会の支部長は辞任し、党員も辞めています


田中事務局長は2019年には河村市長が党首を務める減税日本公認候補として愛知県議会選挙に立候補(落選)しており、選挙公報には「河村市政と愛知県政をつなぐ男」「河村たかし猛烈応援!」の文字が踊っています。


つまり、田中事務局長は河村市長に近く愛知県政に詳しい上に、維新の会にも所属している今回のリコール運動のハブ的な存在だったということになります。

・関連記事
「偽造署名に深く関与」で元維新・山田市議が辞職、田中事務局長の偽造指示も明言 | Buzzap!

「署名偽造バイト」発注書は田中事務局長が出したと発覚、「指示をしていないし、責任はない」は全部嘘でした | Buzzap!

署名偽造バイトへの支出「1円もない」、リコール事務局長が収支報告で関与全否定 | Buzzap!

「署名偽造バイトの発注書返せ」リコールの会事務局幹部が執拗に要求していたことが判明、同一拇印も10万筆以上発覚 | Buzzap!

河村市長「リコール署名運動中心人物だったか証明しろ!」→証拠を片っ端から集めてみました | Buzzap!

「署名偽造バイトの発注書返せ」リコールの会事務局幹部が執拗に要求していたことが判明、同一拇印も10万筆以上発覚 | Buzzap!

【リコール偽造署名問題】リコールの会事務局長の田中孝博元愛知県議が「維新の会選挙区支部長」を辞任、内部調査開始からわずか1日で | Buzzap!

【リコール偽造署名問題】「維新が組織としてこのリコール運動に関与したことはありません」維新・音喜多議員の発言から実態をファクトチェックしてみました | Buzzap!

【リコール偽造署名問題】高須院長会見と河村市長発言から浮かび上がる齟齬、そして明かされない疑問をまとめてみました | Buzzap!

「事務局は指示してない」田中リコール事務局長が大ウソ→事務局メンバーが依頼して名簿持ち込み作業立ち合いもしてました | Buzzap!

【コラム】「時給950円で署名偽造」大村知事リコール運動でバイト動員が発覚、経緯と詳細まとめ

フォローして最新情報を手に入れよう

社会に関連した楽天商品ランキング