iPhone 13 Proは「256GBモデル」が消えて128GB、512GB、1TBの3モデル展開か



多くのユーザーにとって、一番程よいであろうサイズをあえて外してくるようです。詳細は以下から。

海外メディアの報道によると、iPhone 13シリーズは以下の容量で展開されるそうです。

・iPhone 13/iPhone 13 mini
64GB、128GB、256GB

・iPhone 13 Pro/iPhone 13 Pro Max
128GB、512GB、1TB

興味深いのがiPhone 13 Proシリーズの容量。

最も安価なのが「少し物足りないな……」と感じるユーザーもそこそこいるであろう128GBモデルで、その次はいきなり512GBモデルに。多くのユーザーにとって一番程よいであろう256GBモデルがありません。

おそらく512GBモデルを積極的に買わせるためのラインナップとみられますが、Appleがこのような展開を行うのは初めてでなく、2016年発売の「iPhone 7」でも当時最も手ごろだったであろう64GBモデルの発売を見送り。

その結果iPhone 7は今回のように32GB、128GB、256GBという極端なラインナップとなりました。


「いっそ256GBからの展開にしてくれたらいいのに」という声も聞こえてきそうなiPhone 13 Proのラインナップ。

AndroidスマホのようにmicroSDXCカードで容量を増やせないからこそ、余計にそう思うユーザーもいるのではないでしょうか。

・関連記事
iPhone 13には「圏外」がない可能性、低軌道衛星通信で災害など緊急時も安心 | Buzzap!

「iPhone 13は9月17日発売」「AirPods 3も登場」と気になるリーク、あくまで真偽は不明 | Buzzap!

「iPhone SE一括1円」めぐるドコモ、au、ソフトバンクの仁義なき戦いが延長戦に突入、ただし完全終了の店舗も | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 【速報】Xiaomi「POCO F3」再び値下げ、10万円級の性能が価格1/3でiPhone 13 Pro Maxと同じ大画面120Hz有機ELや立体音響、大容量バッテリー、液冷機構搭載の格安スマホ
  2. 「iPhone 13」はauにMNPして基本料0円の「povo 2.0」契約が最安に、ドコモやソフトバンク、楽天モバイルと比べてみた
  3. 【速報】「iPhone SE一括1円」めぐるドコモ、au、ソフトバンクの激戦はiPhone 13商戦中も続行、本体のみ購入でも割引で新規契約・機種変更も格安に
  4. 【速報】iPad Air対抗の新型タブレット「Teclast T40 Plus」1万円台に値下げ、8GBメモリや4スピーカー採用でゲームや動画視聴、カーナビ用途など大活躍
  5. 【速報】1万円の格安タブレット「Teclast P20HD」爆誕、ステレオスピーカー採用で動画視聴やビデオ会議、カーナビにも活躍のSIMフリーモデル

モバイルに関連した楽天商品ランキング