高性能で2万円の新型超格安パソコン「GREEN G2」値下げ、処理能力さらに2倍の上位モデル「Speed S」も3万円台に



普段使いにも仕事にも使えて2万円。「CPUがやたら古い」「メモリが足りない」「SSDでなくeMMC」といった罠もない。

そんなコストパフォーマンスの高い新型パソコンが値下がりしました。詳細は以下から。

◆2万円の高性能パソコンが値下がり
それでは早速「GREEN G2」を解説。本体サイズ124mm×113mm×41mm、軽さ295グラムの軽量コンパクトパソコンです。


CPUにはIntelの第11世代Celeron N5095(4コア、最大2.9GHz)を採用。PassMarkのスコアは第7世代のIntel Core i7相当となる4274と高い一方、消費電力わずか15Wの超省エネ仕様です。


メモリは多くの人にとって十分なサイズとなる8GB。16GBまで増設できるため、隙がありません。


さらにM.2接続で高速な256GB SSDを搭載。別途2.5インチSSDやHDDを増設できることから、容量にも困りません。


Celeronといえば非力なCPUというイメージですが、さすがに第11世代ともなると4Kモニターを接続しても60fpsで出力できてしまいます。


本体に搭載されたHDMI端子2つを使って、デュアルスクリーン環境を構築することも。安かろう悪かろうでは決してありません。


冷却ファンや放熱機構を採用しているため、安定した動作を期待できるのも大きなポイントです。
 

ボディの構造はこんな感じ。


USB 3.0端子×4、USB Type-C端子、イヤホン端子、有線LAN端子、HDMI端子×2を備えるなど、インターフェースも充実。マウスやキーボードはもちろん、外付けハードディスクなど各種周辺機器やスマホとも安心して接続できます。


技適マークの問題があるものの、IEEE802.11 ac対応の無線LAN(Wi-Fi 5)やBluetooth 5.0もサポート。


Wake on Lanで自動で電源をオンにできるあたりも、刺さる人がいそうです。


オススメしたいのがオフィス用パソコンとしての用途。「メモリが極端に少ない」などの罠もなく、検討の余地は十分あります。


そこそこ使えるプロセッサに十分なメモリと高速なSSDを備え、増設もできるなど拡張性も十分なGREEN G2。同価格帯でライバルとなるであろう「ドンキPC」などに圧倒的な差を付けています。


オフィス用以外にも家庭、店舗、教育などあらゆる分野での活躍を期待できそうです。


11万円オーバーで2コアのCeleron、メモリ4GBな富士通の最新パソコン「LIFEBOOK AH42/F3」を圧倒する性能のGREEN G2。

以下の通販サイト「Banggood.com」ではサイトにログイン後クーポンコード「BGJPMN11P5」適用で2万3237円に値下がりします。

TRIGKEY GREEN G2 - Banggood.com


◆処理能力2倍の上位モデル、出ました
「長く使えるよう、もっと処理能力が欲しい」という人には上位モデルの「Speed S」がおすすめ。見た目こそGREEN G2と同じですが……


プロセッサにIntel Core i5-8279U(4コア、最大4.1GHz)を採用。PassMarkのスコアは8050と、十分な性能だったGREEN G2の2倍です。


本体に搭載されたHDMI端子2つを使って、4Kディスプレイでデュアルスクリーン環境を構築できます。


最新のIEEE802.11 ax(Wi-Fi 6)対応無線LANを備え、通信速度も申し分ありません。


そんなSpeed Sはサイトにログイン後クーポンコード「BGJPMN11P3」適用で8GBメモリ、256GB SSD搭載モデルが3万8343円に値下がり。安さと性能、どちらを重視するかが悩ましいところです。

TRIGKEY Speed S(8GBメモリ/256GB SSD)- Banggood.com

・関連記事
Xiaomi「POCO X3 Pro」さらに値下げ、120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー搭載なのに2万円台前半で格安スマホの決定版に | Buzzap!

iPad Air対抗で価格1/4以下の「Teclast T40 Plus」値下げ、8GBメモリや4スピーカー採用でゲームや動画視聴、カーナビにも使えるSIMフリーモデル | Buzzap!

【速報】低価格タブレット「Xiaomi Pad 5」値下げ、最新CPUに美麗な120Hz高精細ディスプレイ、立体音響採用のハイエンドモデル | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

ハードウェアに関連した楽天商品ランキング