「5Gの整備費用を負担しろ」YouTubeやNetflixなどアメリカ企業にEUの通信大手各社が要求へ



日本も見習うべきかもしれません。詳細は以下から。

海外メディアの報道によると、ドイツテレコムやボーダフォンなどを含む主要通信会社のCEOたちがアメリカ企業を念頭に「ヨーロッパの5Gネットワークの整備コストを一部負担すべき」と述べたそうです。

これはTelefonica、Orange、KPN、BT、Telekom Austria、Vivacom、Proximus、Telenor、Altice Portugal、Telia Company、Swisscomなど実に11社が連名で訴えたもの。

背景には整備したネットワークをNetflixやYouTube、Facebookなどアメリカの技術大手が頻繁に使用していることがあります。

なお、ヨーロッパの通信インフラへの投資額は昨年、6年ぶりの高水準となる525億ユーロ(約6兆7343億円)に到達。通信量の多くを担う各種サービスがコストを公平に負担する場合にのみ、投資を続けていくことができるとしています。

・関連記事
爆発的な普及で5Gスマホどんどん値下げへ、4Gスマホは需要縮小で値上がり | Buzzap!

【速度比較】「auは500Mbps、楽天は10Mbps」iPhone 13商戦に『基本料0円』で激突のauと楽天モバイルの通信速度を比べたら整備不足が浮き彫りに | Buzzap!

「熱で壊れる」シャープ初の5Gルーター「Wi-Fi STATION SH-52A」も不具合で大炎上、異常な消費電力やフリーズ、本体変形などトラブル多発で設計に問題か | Buzzap!


フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルに関連した楽天商品(PR)