「G’zOne TYPE-XX」速攻レビュー、カシオの協力で完全復活した20周年モデルは稀代のタフネスケータイに



G-SHOCKケータイなどと呼ばれ親しまれていたカシオの「G'zOne」シリーズ最新モデルがついにお目見えしました。

実に開発に4年を投じており、G'zOneの名に恥じない歴代ユーザーの要望に十分応えられる仕上がりとなっています。詳細は以下から。

これが12月10日(金)発売の「G'zOne TYPE-XX」本体。携帯電話事業から撤退したカシオ協力の下、G'zOneデザイナーが再集結して作られた20周年モデルで、製造は京セラが担当。KDDI×カシオ×京セラという、企業間の垣根を超えたコラボで生まれた1台です。


見やすくてキレイな3.4インチディスプレイを採用。携帯電話のヒンジ部分を作るメーカーがほぼ壊滅した中、G'zOneの名に恥じない仕様のものを調達するなど、かなりの力の入れようです。


テンキーは初代G'zOneをオマージュした円形になりました。


背面には1300万画素カメラと1500mAhバッテリーを備えています。


分厚いキャップで保護されたUSB Type-C端子を採用。


何年も使うからこそ、最新規格を採用した意味があります。


別売りの卓上ホルダを使えば……


キャップを開閉せずとも充電可能。少しでも堅牢性を維持したいのであれば、必ず揃えておくべきアイテムです。


閉じたところ。「MULTI CIRCLE DISPLAY」は時間だけでなく方位磁石、気圧計、日の出日の入りなどを知らせてくれます。


手前のスリットは内部の温度センサーに外気を導くための通気口です。


側面などはこんな感じ。



金属部分は卓上ホルダで充電するための接点です。


ボディ全体を動画で見てみると、こうなります。


アウトドアツールが充実しているG'zOne TYPE-XX。天気、温度、コンパス、気圧・高度、気圧・天気予想、歩数、潮汐、魚の活性度まで分かる上、人気のカシオペンギン(カシペン)が隠れキャラで登場します。


実際に触ってみたところ。リメイクされた「G'zOne TYPE-X」の着信音や当時未収録の曲までプリインストールされています。


ほかにもクマ鈴やホイッスル音まで鳴らせるブザー機能など、とことんアウトドアに特化した便利機能があるほか、ラジオ、音声レコーダーまであります。



防水防塵耐衝撃はもちろん温度、振動、日射、湿度、低圧、氷結にも耐える「MIL-STD-810H」19項目をクリアしたG'zOne TYPE-XX。


水に漬けてみたところ。新たに塩水噴霧にも対応し、海でも活躍できるようになりました。


わざと落として耐落下性能もチェック。


何度か落としたところ、板のほうがダメージを受けてしまいました。もちろん本体は無傷です。


カラーバリエーションはリキッドグリーン、ソリッドブラックの2色。






2010年発売の「G'zOne TYPE-X」と並べてみるとこんな感じになります。




G'zOneの世界観をしっかり踏襲したつくりの外箱。


オプション品も豪華。こちらの「2WAYストラップ&マルチケース」では……


カラビナと組み合わせて使うこともできるストラップに加えて、予備の電池パックやイヤホンジャック変換ケーブルを収納できるケースも入っています。


山登りの際などに予備の電池パックを持って行けるのは、かなり心強いです。


なお、本日からKDDIは歴代36機種の中から1位を決める「au CASIOケータイグランプリ」を開催。投票した人の中から抽選で1名に初代G'zOne「C303CA」仕様のリングライト(全長50cm)や、G'zOne TYPE-XX仕様の巨大なモバイルバッテリーが2名に当たります。




ちなみにG'zOne TYPE-XXの本体価格は税込5万2800円。G'zOne TYPE-Xユーザーであれば、3G終了に伴う無料交換が行われます。

・関連記事
【IDO】au厳選の60機種で携帯電話の歴史を振り返ってみた【セルラー】 | Buzzap!

今と全く異なる料金プラン、KDDI発足当時のauのカタログがすごい | Buzzap!

国内初のカメラ付き携帯電話・Tu-Kaの「THZ43 キアロ/ラポッシェ」レビュー | Buzzap!

あまりに早すぎた国内初の音楽再生機能付きケータイ「DIVA C404S」レビュー | Buzzap!

とにかく懐かしさがいっぱい、auの「おもいでケータイ タイムトラベル」で遊んできた | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 【速報】Snapdragon 888搭載の格安スマホ「Realme GT」値下げで競合の半額に、120Hz有機ELや立体音響、ゲーマー向け液冷機構、爆速充電、マルチキャリア対応も
  2. 【速報】「Xiaomi Pad 5」大きく値下げ、最新CPUに美麗な120Hz高精細ディスプレイ、立体音響採用のハイエンドモデルさらに低価格に
  3. 【速報】Xiaomi「POCO X3 Pro」大容量モデル値下げ、最新プロセッサや120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー搭載なのに2万円台で格安スマホの決定版に
  4. 新型「iPad Pro」や「iPad Air 5」「iPad 10」が大幅刷新されて2022年発売へ、Mac ProやiMacもモデルチェンジか
  5. Xiaomi「POCO X3 Pro」ほぼ2万円に値下げ、最新プロセッサや120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー搭載で格安スマホの決定版に

モバイルに関連した楽天商品ランキング